タグ「ふくらはぎサポーター」が付けられているもの

昼間も足がだるい

私は、若いころから常に貧血ぎみでした。日常生活にはそれほど差し支えなかったので、長らく放置していましたが、3年ほど前から、寝ているときに、ふくらはぎや足の指がつるようになりました。

これは「こむら返りというのでしょうか。夜明けごろにふくらはぎや足の指に引きつったような違和感があって、あわてて起きることが何度もありました。痛みはそれほど強くなかったものの、目覚めはスッキリしないし、悪い病気のサインではないかと心配でした。

私は、会社で商品の梱包の仕事をしています。1日5~6時問の立ち仕事だったので、夕方になると足がむくんでしまうのも悩みの種でした。仕事が終わったとき、靴がはきにくくなるほど、むくむこともありました。

しかも、こむら返りが起こるようになってから、日中も足のだるさを感じることが増えました。そこで、2年ほど前に、病院で診察を受けました。「その結果、貧血以外の異常はないとわかったので、安心しました。

こむら返りを防ぐには、下半身の血流が悪くならないようにすることが大切だと医師にいわれて、処方された貧血の薬などを飲み続けました。しかし、私の場合、こむら返りも足のむくみも、思ったように改善しませんでした。

そこで私は、昨年、薬に頼らない対処法がないか医師に相談しました。すると、着ければふくらはぎをもむような感触が得られるサポーターがあるとすすめられたのです。そのサポーターこそ、「ふくらはぎサポーター」でした。

最初は、窮屈な感じがするのではないかと思いましたが、実際に着けてみると締めつけ感がほとんどなく、すぐに気に入りました。 その日の夜、私は早速、入浴後にふくらはぎサポーターを着けて、そのまま就寝したのです。

すると、私の場合はふくらはぎや足の指がつることもなく、朝までグッスリ眠れました。しかもそれ以降、こむら返りで日が覚めたことは一度もありません。 それ以来、足のむくみの解消にも役立てようと、会社内でもふくらはぎサポーターをつけていくようにしました。その結果、足のむくみやだるさは、以前に比べてかなり軽くなってきました。おそらく、ふくらはぎサポーターを着けてから下半身の血流がよくなったので、こむら返りも足のむくみも改善したと私は考えています。今は目覚めもさわやかで、毎日が充実しています。これからも使い続けたいと思っています。

就寝中のこむらがえりで睡眠不足

  • 投稿日:
  • by

こむらがえりで睡眠不足に

「足のだるさを感じるようになってから、7~8年ぐらいでしょうか?そのせいか、体調もなんとなく悪い感じでした。いろいろな原因を考えましたが、生活習慣が特に変化したわけでもなく、仕事量が増えたわけでもありません。安眠できないということがどれだけ体調に悪影響か、そしてストレスか思い知らされました。

特に、環境の変化などもありません 結局、これまでに蓄積した疲れがこんな形で出てきたのか、年のせいだからあきらめるしかないか、と思っていました。 初めは足のだるさだけでしたが、やがて、もっと悩ませる症状が起こりました。

就寝中にこむら返りが頻発するようになったのです。 日によっては、就寝中に何度もこむら返りが起こるようになりました。痛くて日が覚めても、ただうずくまるようにして、痛みが消えるのを待つしかありません。それが原因で不眠になってしまいました。 こむら返りが起こって熟睡できなかっただけでなく、眠りにつく前に、「もしかしたら、今夜もこむら返りが起こるのではないか」と不安になり、寝つきが悪くなったのも一因だといいます。しかし、これといった対策も思いつかないまま、年月が過ぎていきました。

足のだるさも解消

そんな時に転機が訪れたのは、3ヶ月ほど前のこと。こむら返りの解消に役立つというサポーター「ふくらはぎサポーター」のことを、友人から聞いたのです。 「ふくらはぎに着けると、自然に手でもまれたような感触が得られると友人から聞きましたが、

初めは半信半疑でした。試しにふくらはぎサポーターを取り寄せて、着けてみたところ、意外と心地いいなと思ったものです。その夜、ふくらはぎサポーターを着けたまま寝床に入ってみました。確かにふくらはぎには手でもまれたような適度な圧力がかかっているのを実感できました。

びっくりするぐらスッと眠りにつくことができ、翌朝まで、こむら返りが起こることもありませんでした。それ以降、毎晩、ふくらはぎガードを着けて眠るのが習慣になりました。 「ふくらはぎガードの働きには驚かされました。私の場合、 この3ヶ月間で、こむら返りは一度も起こっていません。

もっと早く、ふくらはぎサポーターを手に入れていたらよかったと思っています。 それまで、こむら返りが起こった翌日は、昼問も睡眠不足でだるかったものです。しかし、今は1日じゅう気持ちよく過ごせて、仕事の能率も上がったような気がします。ありがたいことに、長年悩まされてきた足のだるさも、いつのまにか感じなくなっていました。

夜中に目覚めるひどい こむら返り ふくらはぎサポーターで改善したので紹介します。約数十年も前から、いつも夜、寝ているときの足の痛みに悩んでいました。「夕方になると、ふくらはぎから足の裏までの筋肉が、こわばったような感じになりました。 そして夜中、こむら返りが起こって、その痛みで飛び起きていたのです。こむら返りが起こるのでは?と心配するとどうもゆっくり眠れませんでした。

22273491.jpg

ふくらはぎ だけでなく、足の摘も頻繁につって痛みました。 一晩で複数回もこむら返りが起こることもよくあり、そのつど痛みが治まるまで耐えなければなりません。そのせいで不眠になり、朝起きるのがつらい日もありました。

夕方の足のこわばりが強いときには、今夜もこむら返りが起こるに違いないと気がかりで、寝つきも悪くなってしまいました。 ふくらはぎや足の指が痛む原因は、筋肉のこわばりにあるのではないかと感じていました。 そこで、足のこわばりが強いと感じたとき、入浴後にふくらはぎや足の指をもみほぐしていたそうです。

年を重ねるにつれて、こむら返りや足の指の痛みが起こる回数は増えてきました。若いころと比べて、夕方に筋肉のこわばりを感じることも多くなり、このままでは一生、不眠に悩まされるのではないかと心配していました。

ふくらはぎサポーター のことを知ったのは、少し前のことでした。 ふくらはぎサポーター は、ふくらはぎにかかる圧力の違いにより、着けているだけで自然にふくらはぎのマッサージができるとうことでした。

最初は、こむら返りの解消に役立つかどうか、半信半疑でした。しかし、変化を実感した人も少なくないようだし、着けるだけでマッサージができるのも魅力的に思えたので、試してみることにしたのです。 早速、ふくらはぎサポーター を購入し、入浴後に着けて寝るようにしました。すると、その夜、こむら返りも足の指の痛みも全く起きないのです。 さらに、日中も ふくらはぎサポーターをつけるようにしたところ、夕方に起こっていた足のこわばりも、しだいに出なくなってきたました。

ふくらはぎをさわってみると、以前よりも明らかに軟らかくなっていました。
ふくらはぎサポーター を使いはじめてから、こむら返りは一度も起こっていません。もうこれは手放すことができません。 日中に足がこわばることがないので、不安も消えてスムーズに寝つけるし、朝まで熟睡できます。これは本当にありがたいですね。「ふくらはぎサポーター」で誰もが同じ感想を得られることはありませんが、ふくらはぎがつってしまうことで悩んでいるのなら是非おすすめです。

お医者さんのふくらはぎ テーピング サポーター

お医者さんのふくらはぎ テーピング サポーター
●足裏アーチを作り、長時間の歩行も疲れにくい歩いたらすぐ疲れる方に適したサポーターです。
●着圧のサポートでブレを抑えて足への負担を軽減。ふくらはぎから土踏まずまでしっかりとサポートするので、立ちっぱなし、階段の昇り降り、ウォーキングに適しています。土踏まずの特殊なパッドで足の負担をサポートしてくれます。
●着圧テーピングでふくらはぎのブレを軽減
●3点歩行をしっかりサポート密集したクッション編みが土踏まずを盛り上げ、3点歩行を促します。
●テーピング理論で足首をしっかり固定足首をしっかり固定することで筋肉の動きをバランスよくして、負担を軽減し歩くことを促します。
●体から発する湿気を熱に変える。東レ(株)の機能繊維SOFTTHERMO(R)使用体から発生する湿気を素早く吸収して発熱。本当の暖かさを実感できます。特殊な繊維が作り出す空気のポケットは、優れた保温性を発揮し暖かさを持続します。ムレの原因となる湿気もコントロールするため、長時間さらっとした状態を保ちます。
●立ち仕事に・ウォーキングに・階段の昇り降りに・旅行に
●日本整形外科学会整形外科専門医 具志堅勉先生と共同開発
●男女兼用 【お医者さんのふくらはぎテーピングサポーター Lサイズの原材料】 ポリエステル、アクリル、その他 【規格概要】 ・適応サイズ:ふくらはぎまわり37~42(cm)

バンテリンサポーター ふくらはぎアシスト ふつうサイズ

バンテリンサポーター ふくらはぎアシスト ふつうサイズ シルバーグレー ふくらはぎ周囲 32~37cm 商品サイズ (幅×奥行×高さ) :11x3x21 原産国:日本 内容量:1足2枚入

コムレケアa 48錠

体力に関わらず使用でき、筋肉の急激なけいれんを伴う痛みのあるものの次の諸症: こむらがえり、筋肉のけいれん、腹痛、腰痛

こむら返り とは

こむら返りは主に夜におこる足のけいれん発作のこと。海外では「Leg cramps」「Noctunal leg cramps」という名称で知られていますね。

自分の意志とは関係なく足にだけおこり、通常は痛みを伴うのが特徴です。こうした「足のつり」は足や手などの筋肉が伸縮バランスを崩して異常な収縮を起こした結果、元に戻らなくなったためと考えられています。

こむら返りはふくらはぎの筋肉が一番有名ですが、足から太ももまで、脚のどこにでも起こる可能性があります。夜に発生することが多く、通常は数秒から数分しか続きません。

実はこむら返りは、非常にありふれた疾患です。年齢が上がるごとに発生頻度が高くなり、50歳までに誰もが一度は経験し、50歳以上の最大33%もの方がこむら返りで困っているという報告もあります

ふくらはぎサポーター