不規則な生活で食習慣と生活習慣が乱れそこに更年期も重なってつむじ周りが薄くなってしまった

私は10年ほど前から介護関連の会社を運営しています。 経営は順調で、仕事にはやりがいを感じています。ただ、仕事優先の生活をしているので、食事や睡眠がどうしても不規則になりがちです。そのせいか、慢性的な首と肩のこりに悩んでいました。こりがひどいときには、仕事の合間にマッサージや鍼灸院で施術を受けていました。

2年前ほど前から、更年期特有の不快症状も気になりはじめていました。生理が不規則になり、ほてりや発汗といった症状が出はじめました。食事をとるとかーっと熱くなったかと思うと、すぐに寒気がするほど冷えたりしていました。

また、もともとコシが弱くて少なかった髪がさらに細くなり、髪全体が薄くなったように感じていました。 更年期の不定愁訴に効果があるという漢方薬を飲みはじめたところ、生理不順やほてり、発汗といった症状は和らぎました。

更年期の漢方薬はこちらです

ところが、薄毛の悩みは改善されませんでした。 洗髪のたびにごっそりと髪が抜け、手に抜け毛がからみつくようになりました。合わせ鏡で確認したら、つむじまわりの地肌が透けて見え、ほんとうにショックでした。思ったよりも薄毛が進んでいたので、ウイッグを使いはじめました。

ウィッグは、見た目にはなじんでいるのですが、いつも違和感を覚えていました。汗ばむ季節になると頭皮が蒸れて、かゆくなるのも悩みでした。 仕事の合間を見て、育毛のカウンセリングをしている美容院にも通いはじめました。 美容院で髪の状態を確認してもらったところ、毛根に脂が多く、毛穴がつまっているといわれました。私は揚げ物が好きで、深夜の帰宅後にとんかつやてんぶらを食べることも珍しくありません。でも、美容師さんに、健康な髪のためには不規則な生活を見直すべきだといわれたので、バランスのよい食生活を心がけるようにしました。 少し高価な塗るタイプの育毛剤も試しましたが思ったような効果は感じられませんでした。

透けていた地肌が目立たなくなり髪にコシが戻った

ちょうど、そんなとき、仕事で知り合ったお客さんの紹介でシルクアミノのことを知りました。その方の話によれば、シルクアミノの有効成分であるシルクアミノ酸には、健康な髪に欠かせない18種類のアミノ酸が含まれていて、食べる育毛剤といわれているそうです。

もともとシルクの肌触りが好きで、肌に直接ふれる下着はシルク製のものを選んだいたので抵抗感はなくいいものではないか?と思いました。 初めは多めに飲んだはうがいいと思い、朝・昼・晩の食後に2粒ずつ、1日計6粒のシルクアミノを飲みはじめました。 2週間ほどたったら、洗髪のときの抜け毛が少なくなっているように感じました。ただ、つむじまわりの薄毛は相変わらずだったので、ウィッグは手放せませんでした。

見た目には髪に目立った変化はなかったのですが、首や肩のこりが以前よりもずいぶん軽くなったのが不思議でした。シルクアミノ酸には血流をよくする働きがあると問いていたので、こりが和らいだのはシルクアミノの効果に違いないと確信しました。 3ヶ月が過ぎるころには、髪にも変化が出るようになりました。

透けて見えていた地肌が目立たなくなりました。まわりの人からは「以前よりも若く見える」といわれるようになったんです。おせじとはいえ、うれしかったです。 美容院で頭皮の状態を確認してもらったところ、毛穴のつまりが改善されていることがわかりました。

以前は1つの毛穴から1本しか髪が生えていなかったのに、シルクアミノを飲みはじめてからは2本以上の髪が生えている毛穴が増えているといわれました。 いまでは朝食後の2粒のみに減らして、シルクアミノを飲みつづけています。つむじまわりの薄毛はまったく気にならなくなりましたし、以前に比べても髪の1本1本が太くなってコシが出たように感じています。もちろん、ウィッグは使っていません。肌がきれいになって、化粧ののりがよくなったのもうれしい変化です。

シルクアミノ ワンポイントアドバイス

女性は更年期を迎えるころから、抜け毛の増加に悩む人が多くなります。女性ホルモンのエストロゲンには血流を促す働きすが、分泌量が著しく減少すると頭皮の血流も大幅に低下してしまいます。髪全体が薄くなって、ウィッグを使用して髪にボリュームを持たせる方も少なくないでしょう。

シルクアミノに含まれるシルクアミノ酸には、末梢血管を拡張して全身の血流を促進する働きがあります。頭皮の血流もよくなって、髪の製造工場である毛母細胞にアミノ酸が取り込まれ、育毛が盛んになるのです。コラーゲンの生成も活発になり、絹のようなツヤのある髪になるばかりか、うるおいのある肌をもたらすことも期待できます。

シルクアミノはこちら。

ストレスがたまると髪の色素を生み出すアミノ酸を消費させ白髪が増加する

女性の薄毛や抜け毛は、ホルモンバランスの変化や偏食・節食、過剰なダイエットによる栄養不足が主な原因ですが、それだけではありません。それは、ストレスです。現代人はストレスが多く、これが大きな原因になっている人が多いのです。 強いストレスにさらされると、体を活動的な状態にする交感神経の働きが高まって血管が強く収縮します。同様に、強いストレスによって頭皮の毛細血管が収縮しつづけると、毛根への栄養補給がとだえてしまいます。

その結果、抜け毛や薄毛だけでなく、コインのように丸く脱毛する「円形脱毛症」が起こることもあります。目立ちますが、患者数は女性が1.5倍も多いのです。 ストレスは白髪の発生にも関係しています。まずは、白髪が増えるしくみです。 髪の製造工場といわれる毛母細胞から生み出される髪は、もともと色がついておらず透明です。毛母細胞は、メラノサイト(色素細胞)で作られるメラニンと呼ばれる色素を取り込みながら髪を育成していくため、髪に色がついてきます。メラニンは、チロシンやフェニルアラニンというアミノ酸を材料として作り出されます。

多くの日本人は、遺伝的に黒褐色のメラニンが合成されて毛母細胞に吸収されることで、黒髪が作られていきます。しかし、一般的には30代後半~50代前半から白髪が目立つようになります。最初に側頭部の鬢あたりから白髪が目立ちはじめ、しだいに全体へ広がっていきます。 年を取ると、メラニンを合成する機能やメラニンを取り込む機能が衰えてきます。さらに、メラノサイトの数も減少するため、黒髪が抜けて生え変わるときに白髪になってしまうのです。

一方、ストレスを受けると、脳内でストレス緩和に役立つセロトニンという物質が多く分泌されます。セロトニンはトリプトファンなどのアミノ酸を材料として作られ、ストレスを受けると大量に消費されます。すると、メラニンの合成に必要なアミノ酸が不足します。 ストレスを長期間受けつづけると、ノルアドレナリンという物質も大量に分泌されます。ノルアドレナリンには、メラニンの形成を助けるドーバオキシターゼという酵素の働きを阻害する性質があります。

そのため、ノルアドレナリンの分泌量が増えると、メラニンを作る酵素の働きが弱められます。 このようにして加齢やストレスは、白髪を増やす原因となるのです。

シルクアミノにはストレスを緩和するアミノ酸が豊富で若々しい黒髪が復活

いったん生えた白髪が黒髪になることはありません。しかし、薄毛や円形脱毛症で減った髪を増やしたり、白髪が抜け落ちた後に新しく生える髪を黒髪によみがえらせたりする方法がないわけではありません。

絹から抽出されたシルクアミノ酸は、黒髪の復活に極めて有効な手段の1つです。 シルクアミノには、人間の体内で合成できない必須アミノ酸など18種類のアミノ酸が含まれています。その中には、メラニンの材料になるチロシンやフェニルアラニン、セロトニンの材料となるトリプトファンも含まれています。しかもシルクアミノ酸の吸収率は90% 以上と、非常に優れているのです。

シルクアミノ酸をとるのに最適なのが、シルクアミノです。シルクアミノを飲んでアミノ酸が確実かつ達やかに毛根まで届けば、毛母細胞の働きやメラニンの合成が活発になるだけでなく、ストレスを緩和するセロトニンの分泌も増えて円形脱毛症が改善し、黒髪の復活が期待できます。

シルクアミノは気になる頭皮の血流をアップさせ艶やかなコシのある髪質にかえてくれる | 100種類のサプリメントの効能と効果

帽子が好きで外出時には欠かさずにかぶっていたら薄毛が進行

白髪染めを1回使ったら、手放せず、薄毛も気になっていました。でも、シルクアミノのおかげで髪の悩みを解消することができてとっても嬉しく思っています。 月に1度行われる、学生時代の友人たちとの食事会が楽しみの1つです。

ふだんはお化粧などとは無縁の生活ですが、食事会のときにはきちんと化粧して、おしゃれをして出かけます。月に1度の食事会があるおかげで、毎日の生活にハリが出ているようにも思います。

歳をとると本当に出かける用事は、食料品の買い出しと通院ぐらいのものです。楽しみを見つけることさえも苦労だったりします。 長年、食事会で会う友人たちにも相談できない悩みがありました。

40代後半からこめかみの生え際あたりに白髪が目立ち始めました。50歳になる頃には白髪染めが欠かせなくなりました。もともとコシがあり、ツヤもあり、「髪がきれいですね」とほめられることが多かったんです。でも、月に1度、白髪染めをしているうちに髪のツヤやコシが失われて、ボリューム感がなくなってしまいました。ボリュームを出そうとパーマをかけたのですが、失敗してしまったので、それ以来、外出のときには必ず帽子をかぶるようになりました。 帽子は髪の悩みを手軽に隠せるアイテムでした。ところが、帽子を常用することで新しい悩みを抱えるようになりました。頭皮へのストレスが大きかったのだと思います。

「暖かい季節にずっと帽子をかぶっていると、頭皮が蒸れてしまいます。頭皮の負担になったのか、抜け毛がいっそう増えてしまい、床掃除のときにフローリングの掃除用シートに抜け毛がごっそりとつくようになったんです。また、年に何度かは友人たちと温泉や食べ歩きといった小旅行に出かけりているのですが、旅行中にずっと帽子をかぶっているわけにはいかず、理由をつけては誘いを断るようになりました。

白髪染めの回数が減り外出も楽しめるように

シルクアミノとの出会いは、そんなときでした。友人に話したら紹介してもらいました。友人のご主人も薄毛で悩んでいて、外出時には帽子を手放せない時期があったとのこと。ですから、もしかして私も薄毛で悩んでいるのではないかと気にかけてくれていたんです。

シルクアミノを飲みはじめてからご主人の薄毛が嘘のようによくなったと聞き、私も試してみたいと思いました。早速、シルクアミノを購入。朝・晩の食後に1粒ずつ、1日計2粒を飲みはじめました。すると、まず、最初の変化は、手足の冷えが改善されたことです。

ひどい冷え症で、夏以外の季節は靴下を2枚重ねないと足が冷たくて眠れないほどの冷え症でしたが、シルクアミノを飲みはじめて3週間ほどたったころから、ふろお風呂上がりに素足のままでいても足が冷えず、指先までホカホカと温まっているような感覚がありました。効果を実感したので、白髪と薄毛の改善を期待して飲みつづけることにしました。

シルクアミノを飲みはじめて4ヶ月が過ぎるころには、以前ほど白髪が気にならなくなりました。白髪染めをして1ヶ月以上たっても、白髪がさほど目立たない! とに気づきました。合わせ鏡で髪を確認してみたら、白髪の量が減っていることがわかりました。髪にふれると全体にコシが出ているように感じました。

半年後には、ボリュームが戻り、白髪も一段と少なくなりました。白髪染めは2ヶ月に1度ですむようになりました 以前は髪全体を染めていたのですが、いまでは白髪が気になるこめかみ付近の部分染めだけになりました。薄毛も白髪もはとんど気にならなくなったので、帽子をかぶらずに外出できるようになり、旅行にも気軽に出かけています。

季節の変わりめには必ず風邪をひいたり体調を崩すことが多かったのですが、シルクアミノを飲みはじめてからは体調も良好です。 必要な栄養をきちんととることの大切さを実感したので、食事にも気を配るようになりました。前回の食事会では、有機野菜を使った料理を食べに行きました。 白髪染めの回数が減ったのシルクアミノのおかげです。

日本人特有の老化現象

日本人の場合、35歳前後から白髪が生えはじめるといわれ、白髪染めを多用する人も多いと思います。白髪は老化が最大の原因で、髪の色素であるメラニンを作る能力がしだいに衰えることで増えるようになります。 また、ストレスは白髪にとって大きな要因です。体にストレスがかかると、毛細血管が収縮して黒髪を作るもうぼ毛母細胞の働きを弱めてしまうからです。白髪を防ぐには食生活の改善が大切です。肉や魚などのたんばく質は、髪の色素となるアミノ酸の原料となります。こうした食品を十分にとることを心がけながら、18種類の良質なアミノ酸がバランスよく含まれ、吸収率も高い、シルクアミノ酸を利用するといいでしょう。

シルクアミノはこちら。

ストレスがたまると髪の色素を生み出すアミノ酸を消費させ白髪が増加する

女性の薄毛や抜け毛は、ホルモンバランスの変化や偏食・節食、過剰なダイエットによる栄養不足が主な原因ですが、それだけではありません。それは、ストレスです。現代人はストレスが多く、これが大きな原因になっている人が多いのです。

強いストレスにさらされると、体を活動的な状態にする交感神経の働きが高まって血管が強く収縮します。同様に、強いストレスによって頭皮の毛細血管が収縮しつづけると、毛根への栄養補給がとだえてしまいます。その結果、抜け毛や薄毛だけでなく、コインのように丸く脱毛する「円形脱毛症」が起こることもあります。目立ちますが、患者数は女性が1.5倍も多いのです。

ストレスは白髪の発生にも関係しています。まずは、白髪が増えるしくみです。 髪の製造工場といわれる毛母細胞から生み出される髪は、もともと色がついておらず透明です。毛母細胞は、メラノサイト(色素細胞)で作られるメラニンと呼ばれる色素を取り込みながら髪を育成していくため、髪に色がついてきます。

メラニンは、チロシンやフェニルアラニンというアミノ酸を材料として作り出されます。 多くの日本人は、遺伝的に黒褐色のメラニンが合成されて毛母細胞に吸収されることで、黒髪が作られていきます。しかし、一般的には30代後半~50代前半から白髪が目立つようになります。

最初に側頭部の鬢あたりから白髪が目立ちはじめ、しだいに全体へ広がっていきます。 年を取ると、メラニンを合成する機能やメラニンを取り込む機能が衰えてきます。さらに、メラノサイトの数も減少するため、黒髪が抜けて生え変わるときに白髪になってしまうのです。一方、ストレスを受けると、脳内でストレス緩和に役立つセロトニンという物質が多く分泌されます。セロトニンはトリプトファンなどのアミノ酸を材料として作られ、ストレスを受けると大量に消費されます。すると、メラニンの合成に必要なアミノ酸が不足します。 ストレスを長期間受けつづけると、ノルアドレナリンという物質も大量に分泌されます。ノルアドレナリンには、メラニンの形成を助けるドーバオキシターゼという酵素の働きを阻害する性質があります。そのため、ノルアドレナリンの分泌量が増えると、メラニンを作る酵素の働きが弱められます。 このようにして加齢やストレスは、白髪を増やす原因となるのです。

シルクアミノにはストレスを緩和するアミノ酸が豊富で若々しい黒髪が復活

いったん生えた白髪が黒髪になることはありません。しかし、薄毛や円形脱毛症で減った髪を増やしたり、白髪が抜け落ちた後に新しく生える髪を黒髪によみがえらせたりする方法がないわけではありません。

絹から抽出されたシルクアミノ酸は、黒髪の復活に極めて有効な手段の1つです。 シルクアミノには、人間の体内で合成できない必須アミノ酸など18種類のアミノ酸が含まれています。その中には、メラニンの材料になるチロシンやフェニルアラニン、セロトニンの材料となるトリプトファンも含まれています。しかもシルクアミノ酸の吸収率は90% 以上と、非常に優れているのです。

シルクアミノ酸をとるのに最適なのが、シルクアミノです。シルクアミノを飲んでアミノ酸が確実かつ達やかに毛根まで届けば、毛母細胞の働きやメラニンの合成が活発になるだけでなく、ストレスを緩和するセロトニンの分泌も増えて円形脱毛症が改善し、黒髪の復活が期待できます。

シルクアミノは気になる頭皮の血流をアップさせ艶やかなコシのある髪質にかえてくれる | 100種類のサプリメントの効能と効果