耳鳴り・頭痛で脳ドックを受診したら動脈瘤が見つかり手術を受けた

私は、家事のかたわら、主人が経営する飲食店の手伝いをしています。「ホテルのレストランに勤務していた夫が10年前に退職し、長年の夢だった洋食店を自宅から徒歩10分ほどの場所に開店したんです。

私はそれまで専業主婦だったのですが、お昼時の忙しい時間帯だけ、夫の店で働くようになりました。 夫の夢をかなえる手伝いができることに充実感を覚えながらも、これまでの家事に加えてお店での仕事が増え、あわただしい日々を送っていました。慣

れない生活が体思った以上の負担をかけたのでしょうか。 その後、2~3年して脳に動脈瘤が見つかったのです。「耳鳴りや頭痛が気になって病院に行ったら、脳ドックを受けることになりました。その結果、脳に動脈瘤があることがわかったんです。

すぐに入院し、脳の動脈瘤を金属製のコイルでふさいで血液が入らないようにする手術を受けました。手術は無事成功しましたが、それ以来、動脈瘤の再発が恐怖としてのしかかるようになりました。 再発したときのことを考えると、心配で夜も眠れない日々が続きました。

そんなとき、店の常連だったお客様にニチニチ草(イチョウ葉エキス)のことを教えてもらいました。ニチニチ草の有効成分には脳の血流を促す効果があり、動脈瘤の再発予防にもいいのではないかとすすめてくれたのです。

再発防止に何か手だてはないかとちょうど探していたところだったので、タイミングもよかったのです。 早速、朝・晩の食後に1粒ずつ、1日計2粒を飲みはじめました。すると2週間ほどで頭がスッキリしたように感じ、その後から再発の恐怖からしだいに解放されていきました。 2年ほど飲みつづけたら、耳鳴りや頭痛が起こらなくなったので、ニチニチ草を飲むのをやめてしまったんです。その後、右耳にジージーという小さな耳鳴りが聞こえることもありました。でも、それ以外は体調がよかったので、耳鳴りは一時的なものだろうと思って何も対処せず、楽観的に考えていました。

再び悪化した耳鳴り2ヶ月で軽減

ところが、耳鳴りは治まる気配がまったくなく、2年ほど前から音が大きく聞こえるようになりました。動脈瘤が再発したのではないかと心配になって、すぐに病院で診察を受けました。医師からは特に問題はないと診断されましたが、耳鳴りはひどくなる一方。ジージーという音が、いつも右耳の中に響くようになったんです。

それでも日中、洋食店の手伝いをしているときは、仕事に集中しているせいか、さほど耳鳴りは気になりませんでした。 家にいるときは別で、いったん耳鳴りが起こると、とても気になりました。自宅でくつろいでいるときや、寝る前に耳鳴りが起こるとイライラして、とたんに寝つきが悪くなってしまいました。 夫や子どもたちのちょっとした物音や言動も気になって、家庭内の雰囲気が悪くなってしまうともありました。

なんとか耳鳴りを改善したいと思い、再びニチニチ草を購入し、朝・昼・晩の食後に1粒ずつ、1日計3粒を飲みはじめました。 2ヶ月ほど飲みつづけるうちに、耳鳴りは少しずつ小さくなりました。耳鳴りが完全に聞こえなくなったわけではないのですが、自宅の静かな場所にいても耳鳴りが気にならなくなり、ぐっすりと眠れるようになり、体調がとてもよくなりました。健康の大切さをあらためて実感しています。

耳鳴り・頭痛で脳ドックを受診したら動脈瘤が見つかり手術を受けた

私は、家事のかたわら、主人が経営する飲食店の手伝いをしています。「ホテルのレストランに勤務していた夫が10年前に退職し、長年の夢だった洋食店を自宅から徒歩10分ほどの場所に開店したんです。

私はそれまで専業主婦だったのですが、お昼時の忙しい時間帯だけ、夫の店で働くようになりました。 夫の夢をかなえる手伝いができることに充実感を覚えながらも、これまでの家事に加えてお店での仕事が増え、あわただしい日々を送っていました。慣

れない生活が体思った以上の負担をかけたのでしょうか。 その後、2~3年して脳に動脈瘤が見つかったのです。「耳鳴りや頭痛が気になって病院に行ったら、脳ドックを受けることになりました。その結果、脳に動脈瘤があることがわかったんです。

すぐに入院し、脳の動脈瘤を金属製のコイルでふさいで血液が入らないようにする手術を受けました。手術は無事成功しましたが、それ以来、動脈瘤の再発が恐怖としてのしかかるようになりました。 再発したときのことを考えると、心配で夜も眠れない日々が続きました。

そんなとき、店の常連だったお客様にニチニチ草(イチョウ葉エキス)のことを教えてもらいました。ニチニチ草の有効成分には脳の血流を促す効果があり、動脈瘤の再発予防にもいいのではないかとすすめてくれたのです。

再発防止に何か手だてはないかとちょうど探していたところだったので、タイミングもよかったのです。 早速、朝・晩の食後に1粒ずつ、1日計2粒を飲みはじめました。すると2週間ほどで頭がスッキリしたように感じ、その後から再発の恐怖からしだいに解放されていきました。 2年ほど飲みつづけたら、耳鳴りや頭痛が起こらなくなったので、ニチニチ草を飲むのをやめてしまったんです。その後、右耳にジージーという小さな耳鳴りが聞こえることもありました。でも、それ以外は体調がよかったので、耳鳴りは一時的なものだろうと思って何も対処せず、楽観的に考えていました。

再び悪化した耳鳴り2ヶ月で軽減

ところが、耳鳴りは治まる気配がまったくなく、2年ほど前から音が大きく聞こえるようになりました。動脈瘤が再発したのではないかと心配になって、すぐに病院で診察を受けました。医師からは特に問題はないと診断されましたが、耳鳴りはひどくなる一方。ジージーという音が、いつも右耳の中に響くようになったんです。

それでも日中、洋食店の手伝いをしているときは、仕事に集中しているせいか、さほど耳鳴りは気になりませんでした。 家にいるときは別で、いったん耳鳴りが起こると、とても気になりました。自宅でくつろいでいるときや、寝る前に耳鳴りが起こるとイライラして、とたんに寝つきが悪くなってしまいました。 夫や子どもたちのちょっとした物音や言動も気になって、家庭内の雰囲気が悪くなってしまうともありました。

なんとか耳鳴りを改善したいと思い、再びニチニチ草を購入し、朝・昼・晩の食後に1粒ずつ、1日計3粒を飲みはじめました。 2ヶ月ほど飲みつづけるうちに、耳鳴りは少しずつ小さくなりました。耳鳴りが完全に聞こえなくなったわけではないのですが、自宅の静かな場所にいても耳鳴りが気にならなくなり、ぐっすりと眠れるようになり、体調がとてもよくなりました。健康の大切さをあらためて実感しています。

過労で風邪をこじらせ耳づまりが生じキーンという耳鳴りも起こる

私は、オフィス関連機器を販売する会社を経営しています。20代後半から10年以上小売店で働いていたのですが、5年ほど前に独立して現在の会社を立ち上げました。 もともと人と接することが好きで、精力的に営業活動を行い、少しずつ顧客を増やしていきました。

友人や知人に会社の経営者を紹介してもらって営業に出かけたり、インターネットで知り合った方との交流が仕事に発展したりと、さまざまな形で人脈を広げていきました。一方で毎晩のように食事会や飲み会が続き、休日もゴルフやバーベキュー大会などの接待で外出することが多く、ゆっくり体を休める日もありませんでした」仕事にまい進していましたが、確実に体に疲労が蓄積していったようです。

40歳を過ぎたころから、体調をくずすことが増えたんです。あるとき、風邪をこじらせたことがありました。鼻づまりがひどくて鼻をよくかんでいたら、左耳が聞こえにくくなって、キーンという耳鳴りも起こるようになったんです。

ほとんど医者にかからない私ですが、耳鳴りが気になったため、耳鼻科を受診ました。 医師からは、風邪症状の1つではないかといわれ、抗生物質を処方されました。薬が効いたのか、しばらくすると、風邪は治りました。

しかし、左耳に何かがつまっているような違和感が残り、耳鳴りも起こるようになったんです。車での移動中などに音楽を聞き、気分転換をしますが、耳鳴りが気になりはじめてから、以前のようには音楽を楽しめなくなってしまいます。 左耳がつまっているように感じ、耳が聞こえにくくなってしまったんです。そのせいで、音楽を聞く回数も減ってみしまいました。

病院で診てもらうことも考えたのですが、仕事の忙しさにかまけて、何も対処はしませんでした。 定期的に開催されていた大学時代の友人や後輩との交流会で耳の不調の話をしたところ、後輩がニチニチ草(イチョウ葉エキス)を教えてくれました。 後輩の同僚も耳鳴りと難聴に悩んでいたようですが、ニチニチ草の粒食品を飲みはじめてから、症状が改善したというんです。軽い気持ちで試してみようと思いました。

周囲の音や話し声がはっきりと聞こえ疲れやだるさが解消

ニチニチ草の粒食品を朝食後に1一粒、就寝前に2粒の1日計3粒を飲みはじめました。すると、2週間後には明らかな変化が実感できました。 2週間ほどで、左耳の耳づまり感がさほど気にならなくなり、キーンという耳鳴りが起こってていないことに気づいたんです。まわりの音や話し声も以前よりはっきりと聞こえるようになりました。

その後もニチニチ草の粒食品を飲みつづけたところ、1ヶ月後には耳のつまるような違和感が解消しました。 血行がよくなったのか、疲れやだるさを感じることも少なくなりました。音楽鑑賞も再開しました。車を運転しているときに音楽を聞くことで気持ちの切り替えができるおかげでしょうか、以前にも増して仕事に集中できるようになりました。 現在は、ニチニチ草の粒食品を飲む量を就寝前の2粒に減らしています。耳鳴りや難聴が再発する兆しはまったくなく、毎日を健康に過ごしています。

介護疲れによる耳づまりが改善

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

介護疲れから起こった耳づまり感が悪化してメニエール症候群発症

耳づまり感や耳鳴りの音の反響に悩まされてきましたが、ニチニチ草(イチョウ葉エキス)を飲んだらすべて治まり、体調もよくなりました。 私は60歳で定年になるまで、高校の国語教諭として勤務。その後は、趣味の読書と映画鑑賞を楽しむ毎日を送っています。

教員時代は、毎朝7時前に家を出ていました。 宅はいつも夜の8時過ぎで、テストや進路決定の繁忙期には、帰宅が深夜になることも珍しくありませんでした。仕事はやりがいがあって、充実した毎日を過ごしていたと思います。ただ、自由な時間がほとんどなく、好きな読書や映画鑑賞はあまりできませんでした。

ですから、定年後は自宅で好きなことをしながら、のんびりしたいと思っていたんです。定年後、しばらくは理想どおりの生活を送ることが実現しました。 ところが、60代半ばごろから、お母さんの入院やお義父さんの介護といった出来事が連続して起こり、自由な時間が取れなくなってしまいました。

初めは、兄弟や家族で分担して母や義父の世話をしていたんです。ただ、子どもが受験を控えていたり、本人が体調をくずしたりと、どうしても都合がつかないこともあります。 結局、いちばん身軽で時間の融通がきくということで、私が母や義父のめんどうをほとんど見るようになったんです。決して嫌々世話をしていたわけではありませんが、『どうして、私だけ大変な思いをしなければならないんだろう』と、心のどこかに不満を抱えていました。

私が70歳を過ぎたころ、お母さんとお義父さんは他界しました。そのことで、これまでの緊張の糸が切れたのか、右耳に不調を感じはじめたました。

朝起きたとき、右の耳に何かがつまっているような感じがしたんです。前の日の入浴中に耳に水でも入ったのかと思い、綿棒で耳掃除をしてみたのですが、変化はありませんでした。 のときはあまり深刻に考えず、それ以上の対処はしませんでした。 ところが、耳づまり感は改善するどころか悪化し、音が聞き取りづらくなってしまいました。映画のDVDを見るのが楽しみだったのですが、音声が聞き取りにくいので、あまり見なくなってしまいました。

夫に話しかけられても気づかないことが多くなって、夫婦の関係までギクシャクしてきたんです。しだいにめまいを覚えるようになりました。 心配になって、近くの耳鼻科を受診したとのこと。「医師から『めまいはメニエール症候群による症状で、右耳の中に水がたまっている』といわれました。

注射器で水を抜いてもらうと耳づまり感は取れるのですが、10日くらいたつと、また水がたまって聞こえにくくなってしまうんです。 そのせいで、病院に行って水を抜いてもらうことをくり返すようになりました。

メニエール症候群のことを知人に話したところ、ニチニチ草の粒食品を紹介してくれました「その方は耳鳴りで悩んでいたそうなのですが、ニチニチ草の食品を飲んで症状が軽くなったと話していました。それを聞いて、私も試してみたいと思ったんです。

飲み始めて2ヶ月で耳づまり感が解消

ニチニチ草を朝食後に2粒ずつ飲みはじめたそうです。2ヶ月くらいたったころから、耳づまり感が気にならなくなりました。 おかげで、音がよく聞こえるようになり、夫との会話もスムーズになりました。以前は耳の中で音が反響するような症状にも悩まされていたのですが、はとんど起こらなくなったんです。

ニチニチ草の粒食品を飲みはじめて半年はどは、1~2ヶ月に一度、耳の水抜きが必要でした。。いまでは水がたまらなくなり、水抜きが不要になりました。 「耳の調子がよくなったおかげで、再び映画鑑賞を楽しめるようになりました。これからもニチニチ草の粒食品を飲みつづけて、再発を防ぎたいと思っています。

ニチニチ草(イチョウ葉エキス)はこちら。

有効成分ビンシカミンは脳の血流を改善して音を感じる脳の神経細胞にも栄養を補給

わが国では、耳鳴りや難聴に悩まされている人が、およそ2000万人いると推定されています。耳鳴りや難聴といえば、以前は高齢者に多い症状でしたが、最近は低年齢化しているという声も聞きます。

ニチニチ草の有効成分であるビンカミンには、脳の血流を改善して神経細胞を活発にする働きがあります。ビンカミンは欧米では脳血管障害( 主に脳血管性認知症)を改善する治療薬の原料として利用されています。

日本では、ニチニチ草は有効成分であるビンカミンも含めて、医薬品ではなく食品に分類されています。ニチニチ草の粒食品はそのため、薬ではなく健康食品ですが、集中力や記憶力が向上するだけでなく、耳鳴りや難聴が改善したという多くの声が寄せられているのです。 では、集中力や記憶力が向上することと、耳鳴りや難聴が改善することには、どのような関係があるのでしょうか。

そのしくみはこうです。 集音器の役目を果たす耳介で集められた音は、空気の振動となって外耳を通り、鼓膜に伝わります。鼓膜は振動を中耳にある耳小骨という3つの骨(ツチ骨・キメタ骨・アブミ骨) に伝えます。耳小骨に伝わった振動は、もとの音の20倍もの大きさに拡大されるといいます。 この外耳から中耳までの立日の経路は、「伝音系」と呼ばれます。耳小骨に伝わった音の振動は、その後、内耳にある蛸牛という器官に伝えられます。 蛸牛の中はリンパ液で満たされていて、中耳から振動が伝えられると揺れはじめます。

この揺れを感知した蛸牛内の感覚細胞は振動を電気信号に変え、電気信号が蛸牛神経(聴神経)を通じて、大脳にある聴覚野まで伝わるのです。 このようにして初めて、私たちは音を認識できるのです。蛸牛から大脳までの音の経路は、「感音系」と呼ばれています。ニチニチ草の有効成分であるビンカミンは、脳の血流を改善して脳の神経細胞に豊富な栄養を補給し、感音系に問題のある耳鳴りや難聴を改善すると考えられています。

睡眠導入剤を飲むほどの耳鳴りがニチニチ草で治まりだし難聴も大幅に軽快した

耳鳴りや難聴の症状がある場合、こチニチ草の粒食品を飲んでもらうと、約8割に改善が見られるのです。ニチニチ草の粒食品を使用してから効果が現れるまでの時間は、おおよそ1ヶ月。その間に何らかの変化が現れ、2ヶ月で症状が改善するケースが多数です。

ただし、人によっては、改善するまで3ヶ月以上かかることもあります。ニチニチ草の粒食品を実際に使用した症例です。 80歳の高齢の女性は、5年ほど前から耳鳴りに悩まされるようになりました。耳鳴りは左右両方の耳で起こり、セミの鳴き声のようなジャージャーという音だといいます。そこで、この女性にニチニチ草の粒食品を飲んでもらったところ、初めのうちは目立った変化は見られませんでしたが、3ヶ月どで、以前は「ジャージヤー」と鳴っていた耳鳴りが「シー」という静かな音になったそうです。 そして4ヶ月後には、耳鳴りを感じることがほとんどなくなったといいます。

この女性は、眠っているときでさえ耳鳴りがやむことがなく、心身ともに疲れ果てていました。 しかし、ニチニチ草の粒食品のおかげで、生活の質を低下させていた耳鳴りが軽快し、とても快適な生活を送れるようになりました。

また、71歳の男性は「ジー」という耳鳴りと、難聴に悩まされていました。ときどき、耳鳴りが「ピー」という音に変わることがありました。 かなか寝つけないので、睡眠導入剤を飲むことも。加えて、耳鳴りや難聴を改善する薬を飲んでいましたが、効果はありませんでした。 そこでニチニチ草の粒食品を飲みはじめたところ1ヶ月で耳鳴りが小さくなり、2ヶ月でほとんど気にならなくなりました。 耳鳴りが軽快したおかげで、音も聞こえやすくなったといいます。

ニチニチ草の粒食品の安全性は動物実験で確認されています。そのため、子どもや高齢者でも安心して飲むことができます。ただし、園芸店で見かけるニチニチ草をそのまま食べたり、せん煎じて飲んだりすることは絶対にしてはいけません。 生のニチニチ草には、「アルカロイド」と呼ばれる毒性の強い有機化合物が含まれていて危険だからです。耳鳴りや難聴に悩まされているものの、病医院で診察を受けても異常を指摘されていない人は、脳の血流が低下しているおそれがあります。一度、ニチニチ草の粒食品を試してみてはいかがでしょうか。

同時に温めることも効果的です。

脳内サプリブラインガード

配合成分のホスファチジルセリン(PS)とはリン脂質(レシチン)の一種で、タンパク質ととも細胞膜を形成する大変重要な物質です。 人間の体は60兆個もの細胞から作られており、全ての細胞膜にホスファチジルセリンが存在し細胞膜の柔軟性を保つ働きをしています。体内でホスファチジルセリンが最も多く存在すのは脳。中でも神経細胞に集中し、脳内での情報伝達や血流に重要な働きをしています。

ビンカマイナー
南欧に多く生息する多年生のハーブ「ヒメツル ニチニチソウ」より抽出したもので、正常な血液循環を維持し、脳への酸素供給を向上させると言われます。
フェルラ酸
脳内でβ-アミロイドの凝集を抑制し、脳神経細胞のシナプスでの神経伝達物質(アセリコリン)の減少を抑えるとされています。
DHA
主にイワシなどの青魚の脂に多く含まれる栄養素で、脳内における情報伝達の役割を果たしているシナプス(神経細胞)を活性化させる働きがあるといわれています。

ニチニチ草(イチョウ葉エキス) はこちら