スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) は末期のガンが縮小する事例が多数

余命1年を告げられた末期ガン患者が有機ゲルマニウムで回復し職場に復帰した

私は30年以上前に「有機ゲルマニウムの父」といわれる浅井一彦博士(故人)と出会ったことをきっかけに、ガン患者さんの治療を行い、相談に乗るようになりました。

私は以前、有機ゲルマニウムにはガンの転移・進行を抑え、抗ガン剤の副作用や末期ガンの強烈な痛みを軽減する働きのあることが、大学病院などで実証されていることを著書に記し、大きな反響をいただきました。

それから、末期ガンで余命を告知されたり、病院から見放された患者さんが、よく訪ねてこられるようになりました。

私は、これらの患者さんたちの多くに、有機ゲルマニウムを飲んでもらっています。その中から具体的な事例をいくつか紹介しましょう。

膀胱ガンが肝臓に転移したAさん(60歳代男性)

Aさんは10年ほど前、膀胱ガンの手術を受けて人工膀胱を作りました。ところが手術後、ガンが肝臓に転移していることが判明したのです。
手術後間もないことから抗ガン剤治療を受けることになったAさんですが、その後も状態は好転せず、担当の医師から余命1年と宣告されてしまいました。

お会いしたときは、抗ガン剤の副作用で頭髪は抜け落ち、吐き気と倦怠感を常に訴えてつらそうでした。

末期ガン患者さん特有の激しい咳と血痰、微熱などの症状もあり、夜もよく眠れない状態が続いていたのです。

私はAさんに、有機ゲルマニウムの健康食品であるスーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) を、1日8粒ずつ飲むようになりました。

すると、なんと!1ヶ月もしないうちに吐き気や全身の倦怠感が治まり、ひどかった咳と痰も改善方向に向かい、睡眠が十分に取れるようになったのです。食欲が出てきたAさんは、体力が少しずつ回復。3ヶ月後には髪が生えはじめ、なんと半年後には職場に復帰できるほど回復しました。

その後もAさんは、抗ガン剤治療とともにスーパーゲルマンを飲みつづけました。ガンは確実に縮・小し、10年が過ぎたいまも元気に仕事をしています。ちなみに、Aさんの頭部は黒髪がよみがえり、同年代の人以上にフサフサしています。

有機ゲルマニウム はガン の痛みやつらい抗ガン 剤の 副作用 を驚くはど抑える

乳ガンが肝臓に転移したBさん(60歳代女性)

10年前、Bさんは乳ガンの手術を受けました。その後、しばらくは順調に経過していましたが、最近になって肝臓に8 cm と2 cm の2つの ガン が転移していることがわかったのです。

手術 や 抗ガン剤 治療による副作用を10年前に経験しているBさんは、もう2度と 手術 や 抗ガン剤 治療はやりたくないと考えていました。別の治療法を探しているうちに、免疫力を高める有機ゲルマニウムの存在を知ったのです。

効果はすぐに現れました。有機ゲルマニウムを飲みはじめて1ヶ月後、肝臓にあった大きいほうのガンが消失していることが確認されたのです。小さいほうのガンは依然としてありますが、いまのまま有機ゲルマニウムを飲みつづけていけば、いずれ消失する可能性が高いと思っています。

末期ガンの激痛に苦しんでいたCさん(60歳代女性)

Cさんとお会いしたときには、すでに 胃ガン が 肝臓 に転移した深刻な状態で、それみまで診ていた医師からは余命2ヶ月と告知されていました。

腹水がたまり、全身が強い痛みにさらされていたのです。 末期ガン の患者さんには、激痛を抑えるために麻薬(モルヒネなどの鎮痛性麻薬)を使うことがあります。しかし、有機ゲルマニウムを飲んでいる方は、麻薬をいっさい使いません。

有機ゲルマニウムの鎮痛作用によって、末期ガンの患者さんでも激痛が大幅に緩和され、麻薬を使う必要がないからです。

Cさんにも、有機ゲルマニウムの健康食品である スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) を飲み始めました。その結果、Cさんは激痛から速やかに解放され、日常的に笑顔も出るようになっています。

このほかにも、有機ゲルマニウムによってガンを克服したり、抗ガン剤による副作用を和らげている方は多数いらっしゃいます。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )は大学病院で発がんを強力に抑制し、ガンの痛み・進行を防ぐと実証