30年ものの便秘が活泉水で改善

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

便秘薬が不要に

母の便秘暦は30年以上の超ベテランです。私が子どものころから、トイレで難儀する母をよく見ていました。便秘薬を通常の2倍飲んでも、便が出ないこともしばしば。長いときでは10日~2週間も便通がないときもありました。母の口ぐせは「今日も便りがない」でした。母はいつも「今日は出た」「今日は出ない」と私に報告するのですが、それほど苦しかったのだと今になってわかります。

そんな母が、便秘薬を必要としなくなって2年。 天然温泉水である活泉水を飲み始めてから、母の便秘は見事にストップしたのです。「まるで奇跡のよう」と母も私も、活泉水の効果に心底驚いています。「活泉水で便秘を治した!」という人の体験談が紹介されている雑誌を読んで、母も活泉水をすぐに購入しました。

母が活泉水を飲むようになったきっかけは糖尿病でした。血糖値が300 mg/dlを超えてしまい、薬に頼らざるを得ない状況になったためです。ところが、いくら薬を使っても一向に血糖値は下がりません。合併症におびえる母を助けたくて、何かいいものはないかと探していたとき、健康雑誌で活泉水のことを知りました。

母にすすめたところ、「まろやかで甘く、飲みやすい」と言って、とても気に入ってくれました。しかも、活泉水を飲用しだしてからは、血糖値が200 mg/dl以上に上昇しなくなったのです。

なお、私も母とともに活泉水を愛飲していますが、おしっこの回数が増えて、体に不要なものがどんどん排出されるようなり体が軽くなったように感じる毎日です。お通じもとてもいい感じです。

桜島 活泉水は、大学の実験でも糖尿病に対する有用性が証明されています。実験では3ヶ月間にわたり、1日に活泉水1000 ccを5~6回にわけて摂取しながら1回につき30分程度の歩行運動を週に3回実践しました。

その間に身体組織や自覚症状などを検証したところ、快適運動+活泉水を継続摂取することで「基礎代謝の向上」「脂質代謝が改善」「活性酸素が減り抗酸化作用」が向上するといった作用が確認されました。

見逃せないのは、糖尿病の改善作用です。この活泉水には糖尿病と関わるブドウ糖の代謝を向上させることが確認されました。大学では「活泉水」のようなアルカリイオン温泉水の研究がすすめられています。私は、難しいことはよくわかりませんが、とにかく水道水とは違った体への作用があることは間違いありません。これからもどんどん飲んでいきたいと思います。