「活泉水」で大腸ガンで繰り返す便秘と下痢が止まった

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

腸トラブルでいつもストレス

3年ほど前に大腸ガンの手術をし、人工肛門の身となりました。以来、悩まされるようになったのが腸のトラブルです。3~4日以上便が出なくて苦しむかと思うと、今度は便意と同時にトイレに駆け込むようなひどい下痢。この便秘と下痢の繰り返しで私の生活は本当に大変です。

いつ、何時、腸の状態が変わるのかまったくわからず、常にトイレのことが頭を離れないような毎日でした。追い討ちをかけるように、腸閉塞を発症。入院して治療を受けたのですが、15日間、飲食は一切禁止。本当につらくて、「もうこんな目にはあいたくない」と心から思いました。 絶えることない腸トラブルに体も、心も限界でした。当然、家族ももうぐったりです。

「どうにかしなければ!」と考えていたときに出会ったのが、活泉水です。わらにもすがる思いで飲用を続けたところ、うれしいことに、体調がしだいによくなってくるのが実感できました。水でよくなる!私は、人間の体の6~7割が水なんだから質のいい水は体質改善に役立つはずだ!と信じて飲みました。

気づけば、懸念の腸トラブル激減! 繰り返していた下痢と便秘がストップし、常にトイレのことを考えていたのが嘘のようになくなったのです。 さらに高かった血圧が低下し、常飲していた降圧剤を弱いものに変えることもできました。もう一息で降圧剤も中止できそうな勢いです。

お茶、コーヒーを入れるのも、活泉水。ラーメンやみそ汁をつくったり、ご飯を炊くのもこの水です。こうやって、毎日活泉水をたくさん摂るのはもちろん、繊維質たっぷりの野菜やきのこ、乳酸菌などもしっかり摂っています。 食べる量が減ったせいもあるのでしょうが、体重も自然に10 kg以上減りました。

体調が改善したおかげで、体力や気力も復活。週に1回ほどのウォーキングの会に参加し、20 kmぐらい歩いています。また、近隣の里山に出かけ、季節の風景を満喫しながら歩くのも楽しみ。そんなときも、必ず活泉水を持って行きます。活泉水は、なくてはならない私の大切な水です。腸トラブルを起こさないために、これからもずっと飲み続けます。

体調が悪いときは、やっぱり何か「きっかけ」がないと好転しないものです。自分の体質に合った「何か」が見つかれば必ず乗り越えられるものだとわかりました。

「腸の調子を整えるためには水が欠かせない」という講演会を聞きに行ったのですが、もっと早く聞きたかったです。腸と水はとても深い深い関係性にあることもわかり、とても納得しています。