カロリー管理も大切

私は、6年前から血糖値が高いと健康診断のたびに注意を受けていました。当時は、空腹時血糖値が287 mg/dl(基準値は110mg/dl未満。126 mg/dl以上で糖尿病に達したこともあり、医師には毎年、治療をすすめられていました。

ところが、私は薬を飲んだり病院へ行ったりするのが嫌いで、放置してしまいました。血糖値が高いからといって特に自覚症状もなかったのです。 体の不調を感じていなかった、ということも理由でした。

しかし、昨年の6月に、血尿が出て貧血ぎみになったため、とうとう病院へ行くことにしたのです。 病院の検査では、膀胱に腫瘍が見つかり、ガンと診断されました。そこで、応急的に止血の手術をしましたが、問題の腫瘍は摘出できませんでした。 血糖値が高すぎて、手術ができなかったのです。

そこで、自宅療養中に血糖値を下げることになりました。インスリン注射を1日4回打ち、服用された血糖降下薬も飲みました。 妻にカロリー計算をしてもらった食事をとり、適度な運動も行いました。そんなとき、兄からハナビラタケのことを教えてもらいました。 ハナビラタケには、体にいい成分が多く含まれていると問きました。そこで、早速、ハナビラタケのサプリを取り寄せたのです。

ハナビラタケの食品を、1日3回、毎日とりだしました。すると、 1ヶ月後、体調に変化が現れたのです。空腹時血糖値が110 mg/dlと大幅に下がり、インスリン注射を打つ必要がなくなりました。94 kgあった体重も、8 6kgにまで減りました。 血糖値が下がり、医者から手術の許可も出たため、膀胱の腫瘍を摘出する手術を受けました。 手術は成功し、その後の病理検査でもガン細胞は見つかっていません。1ヶ月入院しましたが、その間の血糖値も低いまま安定していました。 退院後の空腹時血糖値は150 mg/dl台で落ち着いています。

私が飲んだ高濃度ハナビラタケは、独立行政法人産業技術総合研究所、特許生物寄託センター、ハナビラタケ(茸)MH-3受託番号(FERM P-17221)登録済みの菌を使用して栽培したハナビラタケを使用しています。

仕事が忙しくて入院どころでなかった

私は、42歳でC型肝炎を発症しました。そのため、定期的に病院で血液検査を受けていました。そして5年前の2月に食後血糖値が390 mg/dlでで糖尿病と診断されました。ヘモグロビンA1Cも9.8%もありました。

医師からはその場で入院をすすめられました。若いころから脂っこい物を大量に食べ、ビールを大ビンで毎日5~6本も飲む生活を送っていました。 こうした暴飲暴食が、糖尿病の原因でしょう。

しかし、仕事が忙しく悠長に入院している時間の余裕はありません。そこで思いついたのが、ハナビラタケを利用することでした。 ハナビラタケで友人が血糖値を下げたことを思い出し、自分もやってみようと思いました。

また、ハナビラタケには肝機能も改善する働きがあるということなので、一石二鳥を期待したのです」病院に1ヶ月ほど入院を待ってもらいその間になんとか正常値まで改善できるように考えました。

早速、ハナビラタケのサプリ取り寄せ、毎日3回飲むようにしました。生のハナビラタケを料理に使って食べたり、ハナビラタケのサプリをとったりしたところ、3週間程度すると、体のだるさが消えたことに気がつきました。

私がハナビラタケをとりだしてから3週間後、病院で血液検査を行いました。すると、私の場合は食後血糖値が159mg/dlと、200mg/dl以上も下がっていたのです。 この時点ではヘモグロビンA1Cは9.0%と高いままでしたが、この調子なら、ハナビラタケをとりつづければ、そのうち下がるだろうと確信しました。 結果は、私が思ったとおり。ハナビラタケをとりだして2ヶ月後には食後血糖値が137 mg/dl、ヘモグロビンA1Cは6.3 %に下がり、4ヶ月後にはヘモグロビンA1Cが5.6 % にまで下がったのです。 主治医もが2ヶ月で正常化したことに驚いていました。現在でもこの値を維持しています。また、肝機能検査値のγ-GTPも20~50で安定しています。 ハナビラタケをとっているおかげで健康に関する不安がなくなりました。

私が飲んだ高濃度ハナビラタケは、独立行政法人産業技術総合研究所、特許生物寄託センター、ハナビラタケ(茸)MH-3受託番号(FERM P-17221)登録済みの菌を使用して栽培したハナビラタケを使用しています。

※ハナビラタケ抽出物(特許第4183326号)特許原料です。

自分自身では暴飲暴食をしている自覚は全くなかった

フリーランスだったせいか体のことは全く気にしない生活をしていました。風邪をひいて病院を受診した5年前から高血糖を指摘されていました。ヘモグロビンA1Cが6.5% 以上で糖尿病と診断されていました。

一番高い時で8.4%だったこともあり、本格的に食事制限や運動療法などを行わないといけないかなぁ~とは思っていました。 お酒も好きで、食べたいものも好きなだけ食べる生活をしていたからでしょう。 日頃、仕事では納期ぎりぎりのストレスのたまる生活でしたので、どうしても食べる、飲むでストレスを発散させる方法を選んでいました。仕事は、大好きな仕事をしていましたが、それとは裏腹にクライアントの無理な要求が最近はとても増えていて「仕事も選ばないと」とずっと思っていましたが、現実はなかなか打開策が見いだせずにいました。

いやなことがあっても飲む、食うでストレスはリセットできていたので、これもよくない原因だったと思います。納期が近づくとイライラしがちでスタッフに八つ当たりすることもたびたびありました。

私は血糖値を下げる血糖降下剤を1日1回、毎朝飲みつづけ、食事制限もしました。しかし、私の場合は、思ったように血糖値は下がりませんでした。 ところが、去年の3月、友人からハナビラタケを紹介されてとりはじめたところ、血糖値がみるみる下がって驚きました。

ハナビラタケをとりはじめて2ヶ月後には、ヘモグロビンA1Cが6.6% まで下がっていました。 さらに、その1ヶ月後にはさらに数値が下がり、6.4% になったのです。主治医も目を丸くしていたのがとても印象的でした。 ハナビラタケをとることを忘れると血糖値が上がってしまうので、ハナビラタケには、血糖値を下げる効果大なのでしょう。忘れずに飲み続けたいと思います。

高濃度ハナビラタケ

ハナビラタケで200 mg/dl超の血糖値が110 mg/dlに下がった

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

まずは、食事から糖質を減らす

私は、自営業だったこともあり、これまで(現在53歳)長い間、健康診断を受けていませんでした。医者にもかかることはほとんどありませんでしたし、風邪をひいても1日寝れば薬なしで元気になりました。

これまで特に体の不調を感じたこともありませんでした。 ところが、周囲の人にそろそろ行ったほうがいいと促されて検査したところ、空腹時血糖値が205 mg/dlもあったのです。 確かにお酒はよく飲むし、食べることも大好きでこの年齢まで健康でいられたことのほうが不思議なのかもしれません。

このとき、少し太りぎみで、体重が78 kgもありました。そこで、減量して血糖値も減らそうと決意しました。 「そんなとき、知り合いから、はなびらたけを紹介してもらいました。はなびらたけに含まれるβグルカンという成分がが血糖値を下げるのに役立つと聞き、早速、試してみることにしました。

仕事の関係でよく一緒に仕事をする知り合いの奥さんが以前にこのハナビラタケで乳ガンを治した話を聞いたことがあります。血糖値にも効くんだなぁ~と驚いていました。 私は、早速ハナビラタケのサプリを取り寄せ、1日3回、食事前にとりはじめました。併せて、食事から糖質を減らすようにも心がけました。 すると、3ヶ月後に、空腹時血糖値が110 mg/dlと、基準値まで下がったのです。体重も 8kgって70 kgになりました。体が軽くなって動きやすくなったのが、うれしかったです。

これからも、健康維持のためにハナビラタケをとりつづけたいと、思っています。 私が飲んだ高濃度ハナビラタケは、ハナビラタケ抽出物(特許第4183326号)を使用しています。また、1日の摂取量4粒でβグルカンが220mgも含まれます。