糖尿病で手術ができなかったが高濃度ハナビラタケで血糖値が一気に下がり無事に手術もできた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

カロリー管理も大切

私は、6年前から血糖値が高いと健康診断のたびに注意を受けていました。当時は、空腹時血糖値が287 mg/dl(基準値は110mg/dl未満。126 mg/dl以上で糖尿病に達したこともあり、医師には毎年、治療をすすめられていました。

ところが、私は薬を飲んだり病院へ行ったりするのが嫌いで、放置してしまいました。血糖値が高いからといって特に自覚症状もなかったのです。 体の不調を感じていなかった、ということも理由でした。

しかし、昨年の6月に、血尿が出て貧血ぎみになったため、とうとう病院へ行くことにしたのです。 病院の検査では、膀胱に腫瘍が見つかり、ガンと診断されました。そこで、応急的に止血の手術をしましたが、問題の腫瘍は摘出できませんでした。 血糖値が高すぎて、手術ができなかったのです。

そこで、自宅療養中に血糖値を下げることになりました。インスリン注射を1日4回打ち、服用された血糖降下薬も飲みました。 妻にカロリー計算をしてもらった食事をとり、適度な運動も行いました。そんなとき、兄からハナビラタケのことを教えてもらいました。 ハナビラタケには、体にいい成分が多く含まれていると問きました。そこで、早速、ハナビラタケのサプリを取り寄せたのです。

ハナビラタケの食品を、1日3回、毎日とりだしました。すると、 1ヶ月後、体調に変化が現れたのです。空腹時血糖値が110 mg/dlと大幅に下がり、インスリン注射を打つ必要がなくなりました。94 kgあった体重も、8 6kgにまで減りました。 血糖値が下がり、医者から手術の許可も出たため、膀胱の腫瘍を摘出する手術を受けました。 手術は成功し、その後の病理検査でもガン細胞は見つかっていません。1ヶ月入院しましたが、その間の血糖値も低いまま安定していました。 退院後の空腹時血糖値は150 mg/dl台で落ち着いています。

私が飲んだ高濃度ハナビラタケは、独立行政法人産業技術総合研究所、特許生物寄託センター、ハナビラタケ(茸)MH-3受託番号(FERM P-17221)登録済みの菌を使用して栽培したハナビラタケを使用しています。