便秘体質の人に多く、胃酸の過剰分泌は麹の効能、効果でで抑える(体験談)

胃液が食道に逆流して胸焼け、胸痛がおきる

起床時に、胸やけ、軽い胸痛がよく起こるなら、それは「逆流性食道炎」という病気の典型的な症状です。逆流性食道炎とは、胃液が胃から食道へと逆流する病気。胃液は強い酸性のため、逆流すると食道の粘膜を刺激し、炎症が起こります。

症状としては、胸やけ・胸痛のほえんげか、胃痛、囁下障害(食べ物を飲み込むことが困難になる症状)、呑酸(すっぱいものや苦いものがのどに上がってくる症状)などがあげられます。

逆流性食道炎の主な原因としては、食道と胃のつなぎ(噴門)の筋力の低下があげられます。噴門は、食べ物が食道から胃に運び込まれるときだけ開くしくみになっています。

ふだんは噴門が閉じているため、胃液が逆流することはありません。ところが、加齢(年を取ること)などの原因により噴門を締める筋肉が衰えると、噴門が開きやすくなり、胃液が胃から逆流してしまうのです。

逆流性食道炎の原因として、便秘によるおなかの張りも見逃せません。おなかが張って腹庄(おなかの内部の圧力が上がると、胃が圧迫され、胃液が食道へ逆流しやすくなるのです。

さらに、早食い、大食い、高脂肪の食事といった食習慣は、消化に時問がかかるようになるため、胃酸の分泌量が増えます。胃酸が増えれば、当然、食道へ逆流しやすくなってしまいます。

麹の消化酵素が消化・吸収を助ける

逆流性食道炎を防ぎ、治すには、胃酸が逆流しない生活を心がけることが大切です。おなかを締めつける前かがみ姿勢をさけたり、ガードルや着物の苛などを着けないようにしたりすることを心がけましょう。

もちろん、便秘を解消することも重要です。食生活の見直しも肝心です。脂肪分の多い食事をとりすぎないようにして、早食い、大食いの習慣を改めるようにします。中でも、逆流性食道炎で悩む人におすすめしたいのは、私たち日本人が親しんできた「麹」の作る酵素(体内の化学反応を助ける物質)を体内に取り入れる方法です。

麹とは、米・麦・大豆などの穀物に、食品の発酵に有用な微生物( 麹カビ)を繁殖させたものの総称。麹は、麹カビが繁殖するさい、さまざまな酵素を作り出します。特に、食べ物の中の栄養素を分解する消化酵素を数多く生み出すのです。

例えば、デンプンがブドウ糖に分解されるためには、デンプンの分子(物質の最小のアルファ構成単位)を切断するα-アミラーゼと、そこからさらにブドウ糖を切り出すグルコアミラーゼが必要ですが、麹はその両方の酵素を作り出します。

また、麹には、たんばく質を分解し、アミノ酸(たんばく質の構成成分) やペプチド( アミノ酸が数個つながったもの)を作るプロテアーゼも豊富。たんばく質もでんぷんと同じように2段階に分かれて分解が行われ、それぞれ酸性プロテアーゼ、酸性カルポキシペプチダーゼという異なる酵素が必要になりますが、麹はその両方を盛んに作り出します。

そのほかにも、麹は脂質を分解するリパーゼ、食物繊維を分解するセルラーゼといった消化酵素も作ります。こうした麹の消化酵素を体内に取り入れれば、当然のことながら食べ物の消化・吸収がよくなって、おなかもスッキリします。

その結果、逆流性食道炎のつらい症状も改善してくるのです。麹をとるには、麹から作った塩麹や甘酒といった食品を加熱せずにとるのも、1つの方法です。

最も簡単な方法は、蒸した米を麹カビで繁殖させた市販の米麹の粒(バラコウジ。食料品店で購入できる)を、そのままとる方法です。食事の直後に、バラコウジを数粒食べれば、麹の酵素が食べ物の消化を助け、吸収しやすい形に分解する作用が期待できるでしょう。

最近は、麹由来の食物酵素を手軽に補える栄養補助食品も、各種市販されています。麹を食べることで逆流性食道炎など胃の不調が治ったという人がおおぜいいます。逆流性食道炎に悩んでいる人は、麹や麹酵素の粒食品の利用を考えるといいでしょう。

逆流性食道炎と診断されたら注意すること

  • 大食い早食いをしない
  • 脂肪分の多い食事に注意する
  • まえかかがみの姿勢を避ける
  • ガードルや着物の帯は避ける

麹のとりかた

食後に胃もたれがしたり、食べ過ぎたりしたときに米麹の粒(バラコウジ)を数粒食べる。麹の作り出す消化酵素が胃腸の消化吸収を助ける働きをする。

麹水の作り方 大さじ山盛り1杯分程度(約12g)を、水やぬるめのお湯などに溶かしたものが 麹水 - 酒粕粉末で作った麹水を使ってみての感想
https://memo-note.com/sakekasu/2018/01/-2.html

麹で実際によくなった生の声