タグ「クワンソウ」が付けられているもの

不眠 クワンソウ で改善 寝付きの悪さが治った

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

不眠 クワンソウ で改善 寝付きの悪さが治ったので紹介します。夜12時ごろ眠りにつき、翌朝7時に起きる生活をずっと続けていました。もう若いころからずっと、寝つきはいいほうでしたので睡眠で悩むことはないと思っていました。 ところが、3年ほど前から急に 寝つき が徐々に悪くなりました。私も不眠 に悩まされるようになってしまったのです。また、不眠 がこれほどまでにこたえるとは思っていませんでした。

1717684_s.jpg

不眠のきっかけ

そのうえ、明け方に尿意を感じてトイレに起きる習慣がついてしまいました。 体は疲れているのに、床に入っても目がさえてしまうので、1時間以上も寝つけないで悶々としている日が多くなりました。眠れなく成ると本当に眠れません。

無理に眠ろうとすると、かえってイライラしてしまいます。 そこで、遅い時問までテレビを見たり、ビールを飲んだりして、自然に眠くなるのを待ちました。ようやく寝つけたとしても、明け方の5時ごろに尿意を感じて起きてしまいます。

トイレに行ったあとも、案の定、なかなか寝つけりませんでした。 睡眠時間が4~5時間に減ってしまったので朝起きても疲れが残っていて、昼問によく眠くなって苦労しました。 私の住む沖縄県は、本土よりも温暖な気候のせいか、昼間は余計に眠くなるのです。

また、不眠が起こってから、特に胃腸の調子が悪いわけではないのに食が進まず、好きなカラオケも楽しめず、前日に飲んだ酒が翌日まで残るようになってしまいました。

不眠の原因はストレスと悩みがあった

当時の私は、仕事のストレスのほかに、息子の結婚問題などを抱えていました。そうした悩みが解決すれば、不眠も自然に治ると思ったので、病院へは行かず、ひたすら我慢していました。

そんな時、沖縄県の伝統野菜 「 クワンソウ 」 の栄養補助食品をとり始めました。行きつけの居酒屋で、飲み友達にすすめられたのがきっかけでした。 その友人によれば、クワンソウの食品を就寝前にとると朝の目覚めがよく、前日に飲んだ酒も残らないとのこと。

クワンソウ をすすめられる 寝付きの悪さが治った

クワンソウ とは和名は、アキノワスレグサ(秋の忘れ草)、沖縄ではクワンソウと呼ばれているユリ科の植物です。また沖縄では、別名『眠り草』とも呼ばれています。

具体的には クワンソウ にはオキシピナタニンが豊富に含まれていることが最近の研究で明かにされ、寝つきの悪さや、夜中の中途覚醒、早く目が覚めるといった睡眠に関する悩みを解消する効果・効能があることがわかりました。
睡眠薬とは違う穏やかな効き目で睡眠を誘発し、入眠改善効果や中途覚醒抑制効果が期待されています。

マウスの実験での安眠効果

マウスに オキシピナタニン を与えたところ、約6時間の間は行動量が4割程度に減少しました。行動が活発な動物の脳派を変え、意識を落とすのは大変珍しいそうです。

適度なストレスを与えたマウスにオキシピナタンを投与すると、投与後3時間までの睡眠量が増加しました。つまり、眠りの質が高くなることがわかったのです。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。レム睡眠は「浅い眠り」、ノンレム睡眠は「深い眠り」です。オキシピナタニンにはノンレム睡眠(深い眠り)を誘う働きがあり、このノンレム睡眠を増加させることで睡眠の質を改善することができる、ということが判明。睡眠薬のような強制的に眠らされるのではなく、自然に深い眠りを誘います

睡眠薬は副作用が心配ですし、依存性も強いと聞いていたのでできれば避けたいと思っていました。

私は、早速 クワンソウ の食品を取り寄せて、夜毎る前にとるようにしました。 こうして1ヶ月ほどが過ぎた朝、確かな変化を実感しました。1ヶ月経過するまではほとんど変化がなかったので諦めかけていたのでとても嬉しかったです。

クワンソウ 不眠 効果

朝起きると前日に飲んだ酒がきれいに抜けていて、スッと起きられるようになったのです。さらに、寝つきもよくなり、明け方にトイレに行くこともなくなっていました。 飲み友達を信用し クワンソウ の食品をとってよかったです。その後もクワンソウの食品をとり続けていますが、不眠は再発していません。

ちなみに寝付きが悪い場合、一時的に大きなストレスがかかると、それが原因で眠れなくなる可能性があるそうです。安眠するためには、ストレスは大敵なのです。寝られなくなったときは自分の置かれている状況を振りかえって仕事のストレスのほかに、息子の結婚問題などを抱えていました。

やっぱり原因がありました。心配なことが増えると、内容によっては眠れなくなるのも無理はありません。

考え事をしているときは、自分で思っている以上に目が冴えてしまうため、眠れなくなってしまうのです。こういときは、やっぱり クワンソウ の助けを借りるのが一番ですね。

沖縄では昔から睡眠導入やリラックスに効果があるといわれ、ゆでてゴマや味噌とあえたり、豚などの肉類と煮たり、葉を乾燥させてお茶にして飲んだりするなど、さまざまな形で沖縄の食生活に取り入れられ、寝つきの悪いときや疲れがたまっているときに食されてきたそうです。

また、クワンソウ を使った料理は琉球王朝時代の宮廷でのおもてなし料理として出されていたとされています。琉球王国の食用の植物や動物の調理と療養の解説書である「琉球国食療養書・御膳本草」にも記されています。
伝統食品とも言えるので効果は折り紙付きです。

不眠になったときに クワンソウ といつも思っていれば多少、ストレスで眠れなく成ったり、心配ごとがあっても眠れるので安心です。私は、クワンソウを 自分で育てたいくらい クワンソウ に興味津々です。

私のように一時的にストレスがあったり、悩みごとで眠れない人は是非 沖縄の クワンソウ を試してみてほしいです。昔から不眠に利用されてきた歴史もあるので効果は期待できると思います。

不眠に沖縄の眠り薬 「 クワンソウ 」

クワンソウで浅い眠りが改善

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

薬なしでは不安

降圧剤の服用が原因で、不眠に悩まされるようになりました。「15年ぐらい前になりますが、その日は朝から首の後ろ側がひどくこっていて、商が重いと感じていました。そして昼ごろ、急に気分が悪くなりました。

病院に行くと、最大血圧が200 mmHg近くもあり、降圧剤を服用することになりました。無理をしたつもりはないのですが、仕事のストレスが重なって高血圧になったのかもしれません。

最大血圧は、降圧剤を服用しはじめて約1週間後に、正常値まで下がりました。ところが、降圧剤の副作用で、夜に眠っても途中で目が覚めるタイプの不眠を招いてしまったのです。寝つきは悪くないのですが、眠りが浅く、深夜1~2時ごろに目が覚めてしまいます。 一度、目が覚めてしまうと、再び寝つくことがなかなかできず、布団の中で数時問は悶々としていることがよくありました。

このようにして十分に眠ることのできない日が何日もきました。その影響で、朝起きても体がだるく、頭の中がモヤモヤとしている感じの違和感気になりました。 そのため、病院の医師と相談したうえで、降圧剤のほかに睡眠導入剤も服用することにしました。

すると、朝まで一度も目を覚ますことなく眠れるようりました。 不眠が解消すると、体のだるさや頭のモヤモヤも消えました。しかし、今度は新たな不安が生まれました。「薬を飲まないと眠れなくなったのです。こうした薬には、依存症のほかに晶作用があると知って怖くなり、薬なしで眠れるようになりたいと強く思うようになりました。

起床時の目覚めも改善

3年ほど前に見つけたのは、クワンソウの栄糞補助食品。早速、睡眠導入剤の服用を中止して、クワンソウの食品をとってみたのです。 私の場合、 夜毎る前にクワンソウの食品をとったら、気分が落ち着きました。

最初は途中で目が覚めたのですが、すぐに再び寝つくことができました。 薬に比べて寝つきがよくて熟睡でき、朝の目覚めも格段によくなったのです。こうして1年ほど前に自然な睡眠サイクルになったことを実感し、クワンソウの食品をとることをやめてみました。

それでも不眠は再発しなかったそうです。 現在は、1週間にl回程度、疲れた日に限ってクワンソウの食品をとって寝るとのこと。「体調は良好で朝から仕事がはかどるので頓服的に使用しています。

不眠に沖縄の眠り薬「クワンソウ」

沖縄の 「 クワンソウ 」 が 眠り薬 として広がっている

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

眠り薬として歴史が深い

「布団の中で悶々として寝つけない」

「夜中の2~3時に日が覚める」

「眠りが浅く翌朝疲れが残っている」

など... 中高年になると、こうした不眠に悩む人が増えてきます。不眠が長く続くと、疲れが取れないばかりか、精神的にも不安定になります。 日中に突然、睡魔に襲われ、交通事故やその他の事故のリスクもでてきます。

不眠の人は、睡眠導入剤や安定剤を処方してもらうケースが一般的です。しかし、薬を飲むと「胃腸の調子が惑くなる」「昼問に頭がぽんやりする」といった副作用が出たり、薬を飲まないと眠れなくなったりする場合もあります。

不眠の治療に使われる薬 | 薬の効能と副作用(生活習慣病に関連する薬)
https://medicine-guide.net/archives/114

ですから、眠れないからといってすぐに薬に頼るのはおすすめできません。 では、不眠を解消する安心な方法はないものでしょうか。実は、寝つきをよくして深い眠りをもたらす食品として、今注目を集めている沖縄の伝統野菜があります。それが、「クワンソウ」です。

クワンソウとは、沖縄諸島から台湾にかけての亜熱帯地域に自生するユリ科の多年草。 夏に鮮やかなオレンジ色の花を咲かせます。クワンソウは、繁殖力が強く育てやすいため、沖縄の人たちは古くから自宅の庭先で栽培していました。歯や茎のいた部分を煮込んだり炒めたりして、食材として日常的に利用してきたのです。一方でクワンソウは、睡眠を誘い、不眠や興奮、イライラの解消に役立つ薬草として利用されてきました。 クワンソウに睡眠作用があることは、琉球王朝(15~19世紀にかけて沖縄本島を中心に存在した独立王国) の時代から知られていて、「眠たくなる草」を意味するニーブイ草とも呼ばれていました。

クワンソウは現在、全国に広まり、不眠を解消する安心な食品として注目を集めています。実際にクワンソウをとって、寝つきの悪さや夜中の目覚めといった不眠から解放された中高年の人が多数います。

眠りを促す成分をたくさん含む

クワンソウの睡眠作用は、大量に含まれるオキシピナタニンの働きによって発揮されると推測されます。睡眠中は、レム睡眠とノンレム睡眠を交互にくり返しています。 若い人は1日の平均睡眠時間が8時間前後と長いため、ノンレム睡眠の時間も長く、深い段階まで眠れる回数が多いのです。

ところが、年を取って睡眠時問が短くなるにつれて、ノンレム睡眠の時問も短くなるため、深い段階まで眠れる回数が減ってしまいます。 つまり、年を取るにつれて睡眠の質がどんどん悪くなるわけです。

脳は、ノンレム睡眠の間に休み、同時に傷ついた脳細胞の修復を行います。 ノンレム睡眠が短くなると、脳がしっかりと休めず、脳細胞の修復も進みません。すると、物忘れが増えたり、注意力が散漫になったりしやすいといわれています。オキシピナタニンは睡眠時問を大幅に増やすだけでなく、睡眠の質もよくすることが証明されています。

生のクワンソウは、ネギのような香りとほのかな甘みがあり、沖縄県の青果店などで入手できます。最近では、クワンソウから抽出したオキシピナタニン入りの健康食品(サプリメント)も市販されています。不眠に悩んでいる人は、薬の前に試してみる価値はあるかもしれません。

クワンソウ(アキノワスレグサ)は、沖縄では別名「眠り草」ともよばれ沖縄自生の野草として、昔から食されています。 クワンソウエキスを贅沢に使用し、乳酸菌・酵母菌で発酵させ梅糖抽果汁を加え飲みやすく仕上げました。クワンソウの有効成分の吸収、消化、代謝を高めることが期待できます。

栄養成分表示:(100ml中) エネルギー:76kcal たんぱく質:0.4g 脂質:0.1g 炭水化物:14.7g ナトリウム:4mg 食塩相当量:0.01g 種類:清涼飲料水 原材料名:クワンソウ乾燥葉・茎エキス(和名:アキノワスレグサ)沖縄県今帰仁村産 、梅糖 内容量:300ml