タグ「尿のニオイ」が付けられているもの

私は 高血圧 や 糖尿病 の持病があるのですが、これが引き金となったのか、3年くらい前に 心筋梗塞 で倒れてしまいました。心筋梗塞とは心臓(心筋)が酸素不足になり壊死する病気です。 心筋を取り巻いている冠動脈は心臓に血液と酸素を送っています。

60代~の男性に圧倒的に多く、突然激しい胸の痛みに襲われ、「火箸で刺されたような痛み」「えぐられるような痛み」と表現する人もいるほどの苦しみがある一方、起きたことを全く自覚しない人もいるという病気です。

私は、糖尿病の薬を飲んでいましたが、それでも ヘモグロビンA1C が不安定で少し下がってもまた上がるの繰り返しでだいたい 7.5 mg/dlくらいはあり、もうインスリン注射をうつしかないのかと思っていました。

運動療法では、毎日ウォーキングをしていましたが、昨年の夏、いつものように歩いていたら、心臓あたりが急に痛くなりました。それ以降は、怖くてウォーキングを中止してしまったところ、血糖値が 130 mg/dl だったのがなんと 230 mg/dlまで上昇してしまったのです。これはマズイ!と運動習慣が、血糖値をおさえてくれていたのは間違いありません。しかし、心臓が止まったら死んでしまいます。泣く泣くウォーキングを中止ました。

そんなときに、友人に教えてもらったのが 「アカポリ糖ケア 」でした。

アカポリ糖ケア 」を飲みはじめてから3か月後の、初めての検査では、早くも、血糖値が110、ヘモグロビンA1Cが 7.3 に改善していました。さらに、それから2か月後には血糖値は 90 mg/dl 台まで下がり、ヘモグロビンA1Cは 7.1 まで減りました。運動をやめているので、この数値改善には希望がもてました。糖尿病は、食習慣、運動習慣を怠ったらもうダメなのかと思っていたので光りが見えたように感じました。

気になっていた尿のにおい、黄疸が消えた!

それから、自覚していた体調面が一変しました。まず、鼻につくような尿のにおいと泡が減りました。臭いは独特でトイレに行くたびに気になっていました。尿が濁っているのも気になっていましたが、それも澄んだ状態になったのです。ほかにも、口やのどの渇き、足のむくみ、だるさも解消したので、また元気に働けるようになりました。全体的に体のおかしなところがひとつずつ改善していきました。それと同時に体調が好転していきました。

一番うれしかったのは、肝機能値のビリルビンが正常になって、肌が黄色くなる黄疸が消えたことでした。これで、外へ出掛けるときにも人目が気にならなくなったのです。このまま黄疸が消えなかったらどうしよう?といつも不安でした。

複数の薬が招いた薬物性肝障害までも「アカポリ糖ケア 」のおかげで大きく回復しました。これにはとても驚きました。

私は食べることが大好きなので、現在では、糖尿病の食事制限について神経質に考える必要がなくなって本当によかったです。当然、できるだけ糖質は減らすように努力していますが、炊きたてご飯の香りをかぐと食欲がマックスになって困っています。

アカシアポリフェノールを飲んでいれば、血糖値がむやみに上がらないので、特に好きな炭水化物をがまんしなくてもいいし、食後にはケーキやお団子も食べます。高血糖の心配をせずに食事やお菓子を楽しめて最高です!糖尿病は、血糖とヘモグロビンA1Cを適正にコントロールできれば、症状はひとつずつ改善していきます。

アカポリ糖ケア

私は自他ともに認める無類の肉好きです。肉の脂身が特に好きなのですが、家族があきれるくらい毎日というほど肉を食べている生活でした。赤身でなく、脂ばかりを食べていました。赤身の肉だと食べた気がせずに脂身を好んで食べていました。

タバコを毎日2箱くらいは吸っていましたが、医者からすすめられたこともあって、思い切って禁煙したのです。すると、禁煙してからというもの特に食欲が増し、5年間で25キロ体重が増えて、ついに100キロを超えました。そして、太ったのと同時に持病も増えてしまいました。せっかく禁煙したのにこんなに太ってしまってがっかりました。

禁煙したほうが、体によくなかったのかな?と葛藤がずっとありました。私のようにヘビースモーカー(チェーンスモーカー)は、禁煙するときは、予定をたてて急にやめると悪影響が一気にでて怖いです。たばこに依存した生活習慣の場合、禁煙は、綿密にスケジュールをたてて計画的に行ったほうがうまくいくようです。友人はこちらでなんの問題もなく禁煙できそうです。禁煙外来のほうが時間をとられてイライラして吸ってしまう...と言っていました。

そして、薬を飲んでいても上の血圧が180、下も100以上あって、その高血圧が心配の種でした。血糖値が190、ヘモグロビンA1Cが7.3だということもわかりました。

おまけに、やたらとノドが渇いて、500ミリリットルのペットボトルの水を一気に飲んでも治まらないくらいでした。そして尿からは、甘い臭いがしていました。常にペットボトルを持ち歩いていました。ペットボトルの水を飲む、トイレに行くの繰り返しでした。500のペットボトルを一気に飲めるほど喉がからからでした。

しかし、私が「アカポリ糖ケア」を飲みはじめてから2か月後の定期検査のときには、予想していた以上にうれしい結果が出たのです。明らかに血糖値が改善されていて、医者からは見事だと賞賛されました。血糖値を下げるのは並大抵な努力ではできない!と言われていたので、とてもよかったです。

「アカポリ糖ケア」を飲んでいると肥満の改善にもいいようで、現在の体重は85キロ。5年前の体重にだいぶ近づいてきました。体脂肪率は10パーセント以上減ったし、お腹周りも10センチ減っています。あごの肉が落ちたせいか、毎晩の大きなイビキと睡眠時の無呼吸まで解消することができました。いびきをかかなくなると、ホントに体が休まります。いびきは寝れていなかったんだとあとになってわかりました。

なによりうれしかったのが、血圧が上130、下80まで下がり、降圧剤を手放せる見込みがたったことです。降圧剤は、血圧を下げる効果のある薬を飲むと、どうしても下がりすぎて、めまいを起こしたりして調整がとても難しくて大変でした。

血糖値の一番最近の数値は100で、ヘモグロビンA1Cは6.5~6.6でずっと安定しています。異常なノドの渇きはすでに解消され、尿の臭いも消えました。

こうして、大好物のステーキやカツ丼を断つこともなく、私は糖尿病を返上できてしまったのです。「アカポリ糖ケア」には本当に感謝しています。

アカポリ糖ケア