食前に酢たまねぎをたっぷり食べる

もともと高血圧ぎみで30代の頃には検診で注意するように言われていた夫は、40歳を過ぎたころから降圧剤が必須になりました。それでも最大血圧は160 mmHGを超えるくらい、最小血圧も正常値ギリギリで90 mmHGくらいでした。

今年の1月に、そんな話をご近所の人にしたところ、その方も高血圧でしたがたまねぎに酢をかけて食べる「酢たまねぎ」がいい、と教えてもらったのです。その方も降圧剤でなかなか下がらなかった血圧を酢たまねぎで下げたというのです。

血圧は、私も、薬は飲んでいませんが、健康診断ではいつも「高め」と言われます。4年くらい前に、最大血圧が200 mmHGにまでなって驚いたことがありますが、すぐに下がってきたので、その後は診察も受けていません。

このタイミングで夫婦で酢たまねぎを食べるて血圧をしっかり下げようと話しました。朝晩の食事前に、小鉢の8分目くらいに酢たまねぎを入れ、先にたまねぎだけを食べて、小鉢に残った酢は食事のときに納豆にかけて食べます。

最初は、少し食べづらく続けられるか心配しましたが、今は慣れました。むしろおいしく感じます。 酢たまねぎを食べて、ちょうど1ヶ月半です。朝、夕と2回測定しているのですが、夫婦ともに最大血圧が130 mmHG台で正常値になりました。最小血圧は2人とも80 mmHG前後です。 現在も、血圧は正常値の範囲を保っています。

酢たまねぎを食べ始めて、短期間で高血圧が改善されたことにとても驚きました。 私の場合、血圧だけでなく、めまいと耳鳴りと、目がチカチカする症状が解消しました。 めまいは、特に冬から春になる季節の変わり目に頻繁に起きていました。船に乗って揺られているような感じで、気持ちが悪くなって吐いてしまいます。 また、片耳がふさがったように聞こえなくなり、もう片方の耳の奥でキーンと耳鳴りがするのです。これもまた大きなストレスでした。しかし、これも改善しました。血圧が高いことでこういった症状がでていたのかもしれません。これからは、食生活も減塩を心掛け、酢たまねぎを食べ続けたいと思います。

自分流にアレンジして飽きないように毎食酢たまねぎ三昧

実家には、代々伝わる「家庭医学」の古文書があり、体調がよくない、病気になった時などはこれを読み返すのが我が家流です。中を見られるのも引き継いだ長男だけで、次男の私は、それに触ることも許されません。

子どものころは、病気やケガをすると、古文書に書いてあることを父から伝え聞いた母が、そのとおりに手当てをしてくれました。 大人になってからは、私が兄に尋ねたことを実践してきました。

4年前に血圧が高くなってしまったときも兄に相談すると、「血の巡りが悪くなると内臓に支障を来すので、たまねぎを生で食べるといい」と古文書にあるというので、早速に実行しました。

生たまねぎをガリガリと、1年くらいは丸ごとかじっていたでしょうか。でもその後、転居して落ち着かず、たまねぎのこともすっかり忘れていました。 思い出したのは10日前です。

書店で健康関連の雑誌で酢たまねぎの特集を見て、「私がやっていたことと同じだな」と思い出し、再開したのです。 今度は生でなく、みじん切りにしてサラダオイルで妙め、色が変わってきたらリンゴ酢をひたひたになるまで入れて、ハチミツを少したらして作ります。

3日くらいたつと、味がなじんで食べやすくなります。 それを毎食後に、小ぶりのグラスに入れて食べています。外食のときには、家に帰ってきてからすぐに食べます。 引っ越し後は、医者にかかったことはありませんが、血圧は毎日自宅で測っています。ときには最大血圧が156 mmHGまで上がることがありました。 しかし、酢たまねぎを食べてからは、寝起きの血圧でも130 mmHG前後、最小血圧も50 mmHG前後で落ち着いています。 さらに起きて30分くらいたつと、最大血圧は115 mmHGくらいになるので、この10日問ほどは、まったく心配していません。

近所に病院があるので、どの程度健康なのか、来週あたり検査でも受けてみようかと思っているところです。

40 mmHGも血圧が下がった酢たまねぎはこちら。 たまねぎには、血圧サラサラ効果の高い、ケルセチンや硫化アリルなどの有効成分が豊富に含まれます。 また、酢にも同様の作用があるので、酢たまねぎはまさに最強の血液サラサラ食で、血圧の低下に役立つのです。

糖尿病の夫が酢たまねぎでインスリンが不要になった

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

主治医も驚いた

20数年くらい前になると思います。夫が、会社の健康診断で糖尿病と診断されて、2ヶ月ほど入院したことがあります。入院中はインスリン注射を毎日3本打ち、退院後もインスリンを継続しないと血糖のコントロールはできないと言われました。

自宅での食事にも気を配り、カロリーを計算しながら、野菜と青魚中心の献立を毎日考えました。そんな折、知人から「酢たまねぎがいい」と開き、朝晩の食事のときや、お弁当のおかず、ドレッシングや酢の物に利用するなどして、日に3回必ず取るようにしました。

すると3ヶ月後の検査で、先生が「数値がとてもよくなっている」と驚くほど、血糖値が下がったのです。そこで、もうインスリンは不要になりました。 先生は「なぜ治ったのかわからないが、こういうケースは希だ」としきりに首をかしげていました。

夫の改善が、それほど劇的だったのでしょう。 さらに3ヶ月後の検査では、「もう来なくていいですよ」と言われこちらの方が驚いてしまいました。 酢たまねぎだけで治ったのかは、わかりません。でもその後、糖尿病はすっかりよくなり、だんだんと酢たまねぎを食べる回数が減り、いつの問にか食べなくなってしまいました。

ところが昨年、夫のあごに腫瘍ができ、検査を受けました。腫瘍は良性で問題はなかったのですが、血糖値が少し上がっていることがわかったのです。 「野菜も青魚も食べているのに」と思いましたが、そういえば最近は酢たまねぎを食べていませんでした。

そこでまた、食べ始めました。 今度は、私も日に3回食べたところ、薬も効かなかった慢性の便秘が解消し、食べ始めて10日目からは毎日お通じが来るようになったのです。1週間にl度しかお通じが来ない日も多かったのに、毎日すっきりするのですから、これほど気持ちのいいことはありません。 そのおかげだと思うのですが、体重も3.8kg也減り、ひどい肩こりまで解消しました。 酢たまねぎに含まれる硫化アリルやケルセチンなどの成分には、血液中の余分な糖質や脂質を減らす働きがあり、血糖値のコントロールに役立ちます。しかし、酢たまねぎだけでこれほどの効果があるのは、インスリンを打つ段階の糖尿病では、非常に珍しいケースです。

インスリンを打つほどの糖尿病でも完治してしまった酢たまねぎのパワーには驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。あれほど厳密に糖質を制限しながらの食事療法で四苦八苦していたのに酢たまねぎを摂ると、多少甘いものを食べてしまっても血糖値はそれほど急激に上がりません。たまねぎと酢の組み合わせは薬以上です。

外出時には、サプリが便利

最近、健康に関心の高い人たちの問で人気の食品「酢たまねぎ」。レシピ本も多数店頭に並んでいます。ちなみにたまねぎの効能、効果は、まず含まれる栄養素は、ビタミンB1・アリシン・オリゴ糖です。

B1が豊富なので、疲労回復効果があります。 香り成分の「アリシン」は、血液をサラサラにする働きと合わせて、ビタミンB1の吸収を助ける作用があります。

さらに玉ねぎに含まれるオリゴ糖は、腸の中の善玉菌のエサになるので、腸内環境を良くする効果が期待できます。また、たまねぎを続けて食べていると、便臭がほとんどなくなります。これは腸内環境が整っている証拠です。排便のあともほとんどお尻も汚れません。

玉ねぎを刻んだ時に目にしみたり、食べると辛いと感じるのは硫化アリルが原因です。硫化アリルは血液が固まるのを抑制するので血液をサラサラにし、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などに効果的です。また、血糖値の上昇を抑える働きもあるので中性脂肪やコレステロールが高い人、糖尿病の予防にもおすすめです。

に含まれる酢酸には、腸内の悪玉菌の増殖を抑えるなど、腸内環境を整える効果があります。 原液ではなく、薄めたでもこの効果が得られます。 便通も良くなるので、便秘対策にも効果が期待されています。お酢には、100種類を超える成分が含まれています。その中で主成分は酢酸と呼ばれるものです。この酢酸はアルコールに酢酸菌を作用させることでできる有機酸です。これが酸味のもととなります。また、酢は天然の降圧剤とも呼ばれ血圧を下げる作用があります。

お酢を選ぶ際にたくさんあって迷ってしまう人はこちらのランキングも参考になります。

実際にたまねぎ酢を食べた人たちからは

  • 食べ続けたら「高かった血圧や血糖値が正常値になった」
  • 「便秘が解消し、やせた」「疲れにくくなった」
  • 高かった血圧が正常になった
  • 血糖値が下がった
  • 胃腸の調子が以前と比べものにならないくらいいい

という声をたくさん聞くようになりました。 しかし、「たまねぎの辛味が苦手」「酸っぱいのが苦手」という理由で敬遠している人も多いようです。 そのような人にお勧めしたいのが、酢たまねぎのサプリメントです。サプリリメントなら、生たまねぎが苦手な人でも大丈夫です。

あと、生のたまねぎはどうしても口臭が気になって若い人たちは敬遠しがちです。 携帯しやすい粒タイプなら外出のときにも摂取可能です。普段は手作りのたまねぎを食べて、外出時にはサプリメント、という手もあるでしょう。 忙しい人にもおすすめです。

酢の物のような香りがする

サプリメントは、ほんのり酢とたまねぎの味と香りはしますが、辛味はありません。 酢の物が好きな人なら、「おいしい」とさえ感じるかもしれません。味は、それぞれ好みがありますが、少なくともまずいと感じるものではないことは確かです。

もちろん手作りの酢たまねぎと同様に、毎日取り続けることで血管を若返らせ、血流の改善や疲労回復、脂肪燃焼、高血圧や動脈硬化の予防、血糖値の改善などの効果も期待できるようです。 たまねぎの血糖降下作用はすでに証明されていますので、糖尿病の人には、特にお勧めします。 このように、酢たまねぎのサプリメントは、手軽というだけでなく、効果もかなりのものと考えられます。まだ酢たまねぎを試していない人はもちろんのこと、手作り酢たまねぎを実行中の人にもおすすめです。 サプリメントを選ぶときには、原料が安全かどうかのチエックも重要です。酢は、アミ酸の含有量の多い、黒酢を使ったもののほうが効能、効果は期待できるでしょう。自宅では酢たまねぎを毎日食べて、会社や学校、外出痔にはサプリを持ち歩くのがベストです。

酢玉ねぎのレシピはこちら。