ヘモグロビンA1C、高血圧が改善し、9キロも痩せて薬が不要に

  • 投稿日:
  • by

私が糖尿病にかかったのは10年前のことです。その頃は、仕事のストレスがあり、食生活が不規則だったので、いろいろな体調の異変がありました。食事は外食かスーパーの総菜でした。日常、考えることは、仕事のことだけで自分の生活、食事のことは頭にありませんでした。

思い出してみると、まず、左足の親指が赤く大きく腫れて、しびれるように痛みました。夜間のひん尿もつらくて、2時間おきぐらいにトイレに起きていました。それから、喉の渇きがひどかったので、いつも枕もとには水をたっぷり置いていたものです。異常なのどの渇きでおかしいなぁ~とは感じていましたが、まさか自分が糖尿病とは考えもしませんでした。

近くの病院で診てもらっていたので、病院で処方された薬を朝1錠必ず飲んでいましたが、ずっと血糖値は安定しませんでした。ごはんを食べずに検査をしたときだけは、血糖値はしっかり下がりました。全く、ご飯を食べないわけにもいかずすぐに元に戻りました。

そんな感じで、私はもう一生、糖尿病とつきあっていくのかな?と思っていたのですが、2年ほど前に、病院の待合室に置いてあった雑誌を手にとって見ていたところ、「アカポリ糖ケア」のことを知って、これだ!と思いました。

家に「アカポリ糖ケア」が届くと、さっそく飲みはじめました。毎日、朝・昼・晩の食事の前に飲むようにしたところ、検査ではヘモグロビンA1Cの値が下降を続けるようになったのです。飲み始めて3週間目ぐらいだったと思います。朝、目が覚めたときに普段よりもだるさというか倦怠感を感じませんでした。もちろん、日頃からごはん、パン、うどん、パスタなどは通常より4割ぐらいは減らしていましたが、こんなにてきめんに効果がでたのには驚きました。

お医者さまに言われていたヘモグロビンA1Cの合格ラインの7.0という数値は6か月くらいでクリアすることができて、その後、なんと5.5まで大幅に改善しました。高かった血糖値ま120台の前半で安定するようになり、糖尿病の薬は、一切飲まなくてもよくなりました。10年来の薬生活から解放されたことを本当にうれしく思います。

さらには、高血圧を返上できたことに感激しました。以前は、上が150、下が100前後もあった血圧が、このところずっと、上が110~120、下が70前後を保っています。降圧剤は毎日2錠飲んでいましたが、これを4分の1の量に減らして半錠にしてもこの数値なので、血圧の薬ももう要らないかもしれないですね、とお医者さまにも言われました。

つらかった足の指のしびれやひん尿、喉の渇きも現在は気にならないほどになって、そればかりか、体重が59㎏から50㎏に減って、9㎏も痩せました。

アカポリ糖ケア