11kgのダイエット気になっていた太い足から脱却

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私は身長165cmで、女性としてはまずまずの長身です。学生時代には、ガリガリといってもいいほど痩せていて50kgしかなかったのですが、20代になると54kgになり、30代でもまた増えていきました。

決定的だったのは、結婚でした。2年前に結婚した主人は関西出身で、いわゆる「粉もの」が大好きな人です。しかも、お肉が大嫌い。自然と、我が家の毎日の食卓は朝食にパスタ、昼食にラーメン、夕食に冷やし中華という感じになりました。

毎日ではあゃませんが、タコ焼きだけで夕食を済ませることもありました。そうこうするうち、40代になった私はどんどん太っていきました。気がつくと70kgを超え、ピーク時には72kgぐらいあったと思います。

そのとき思い出したのが、いつか聞いたラジオ番組でした。偶然、私の叔母が先生の外来で痩せたという話を聞いたこともあり、「次は私!」とばかりにクリニックに通うと決めたのです。

太る原因は炭水化物とわかっているのですから、先生の指導どおりに肉・卵・チーズ中心の食生活に変えました。炭水化物はほとんどやめ、ときどきパンをかじる程度です。これだけで、毎月1.5kgずつ順調に落ちていきました。1日単位で見れば、体重は増えたり減ったりを繰り返します。

生理前などには、その影響もあります。でも、多少増えてもそれは体調変化が原因であって、リバウンドではないとわかっていましたから、慌てることもありません。

今のところ、「しっかり噛む」ダイエットを始めて7ヶ月で、約11kg落ちています。でも、少しずつジワジワと減ったので、痩せたという自覚はさほどありません。

気がつくと、洋服がゆるくなっている感覚です。スタート時には13号ぐらいでしたが、今では9号が楽に入っています。

特にうれしかったのは、下半身から落ちたこと。女性がダイエットをすると、バストばかりが落ちてしまって下半身は痩せないといいますが、私の場合はまったく逆でした。今は、友だちにも「きれいな脚ね」と言われています。

脇腹が細くなったことでウェストがくびれ、ボディラインがはっきり見えてバストアップもしています。親戚には、「きれいな痩せ方だね」と言われました。

自己流のダイエットをすると、顔だけがげっそりすることが多いのですが、私にはそれがないそうです。

主人には、「買い物に行ったときに探すのが大変だ」と言われます。四角だった後ろ姿が変わったので、スーパーなどではぐれたときに、私を見つけられないのだそうです。食べ物の好みは、完全に変わりました。私は炭水化物が大好きでしたし、「スナック菓子のMちゃん」と呼ばれるほど間食することも多かったのですが、今ではまったく食べたくなりません。

あれほど好きだったパスタも、お寿司も食べたいと思わないのです。「しっかり噛む」ダイエットを始めてしばらく過ぎた頃、脚が筋肉痛を起こしたり、つるようになったりしました。特に運動をしていないので、不思議に思って先生に相談すると、「それは、タンパク質を食べたことで筋肉の細胞が活性化しているから。あなたが今、新しく生まれ変わっている証拠です」と言われました。

おそらく、それは先生の診断どおりだったと思います。筋肉痛は、すぐに消えてなくなりました。血液の数値に関しても、驚くほど変化しています。基準値の倍以上の294mg/dlもあった中性脂肪の数値は、55mg/dlにまで減りました。

それとともに、長年の持病だった偏頭痛と肩こりもなくなりました。仕事で多少の無理をしても、疲れないようになっています。太っていたときには、しゃがむことすら大変でしたが、今では階段をすいすい歩いています。「よく噛む」ダイエットは、努力ともいえないような小さな努力をするだけで、楽に痩せられる方法です。

パーティーでもまずは肉から食らう

  • 投稿日:
  • by

定年退職をきっかけに、真剣にダイエットしようと決意しました。それまで、ありとあらゆる方法を試してきたのですが、何をやっても長続きしたことがありません。

多少は体重が落ちても、結局はリバウンドすることの繰り返しでした。定年退職で時間に余裕ができたので、ダイエットもうまくいくかと思いました。

ところが、時間ができたことが逆に問題となってしまいました。友達と旅行してごちそうを食べたり、ランチに出かけたりすることが多くなり、体重は減るどころか逆に増えてしまう一方でした。

それと同時に、頭痛や関節痛にも悩まされ始めました。それが進んだことで、病院でCT スキャンの検査を受けることにしました。大きな異常はないとの結果に安堵しましたが、もう1つの収穫もありました。

それは、ダイエット外来というものの存在を知ったことでした。ダイエットは、私の生涯の目標です。すぐに、そのダイエット外来を予約しました。それが「しっかり噛む」ダイエットです。

ところが、詳しい説明を聞いても、にわかには信じられません。そんなことで、本当に痩せられるのかと思いました。

食事を我慢することなく、好きなものを食べていいというのです。ただし、食べる順番には決まりがあり、先に肉・卵・チーズ、次が野菜です。

私は血圧やコレステロール値が高かったため、それまで肉・卵・チーズを食べないようにしていました。その我慢をしなくてよくなったのですから、こんなにうれしいことはありません。先生の言いつけを守り、30回よく噛んで食べることにしました。

糖尿病やダイエット中でも糖質制限食なら好きなものをお腹いっぱい食べてもOK
https://www.supple-e.net/low-carb-diet/

その頃、私にはたびたびパーティーに出席する機会がありました。以前は、真っ先にお寿司に手をつけていたのですが、それも変更です。

肉や卵を使った料理から食べるようにすると、それでおなかがいっぱいになるので、炭水化物が欲しくなりません。30 回噛むことは、正直にいえば意外と難しく感じました。友だちと話しながら食べていると、ついつい会話に夢中になって食べ物を飲み込んでしまうからです。

それを相談すると、ひと口入れたら箸を置くようにとアドバイスされました。実行すると、だいたい90% ぐらいの確率で30 回噛めるようになりました。そのうちに、炭水化物を食べたいとは思わなくなりました。

以前は、食後すぐに小腹がすいて間食をすることがあったのですが、それもなくなりました。というより、肉をたくさん食べる食事をしていると、おなかがすかないのです。

体重も順調に減り、初診から4ヶ月で約7kg落とすことができました。68.7kgだった体重は、61.6 kgになっています。

以前は、15号サイズの服が入らないことがありましたが、減量後には13号が楽に着られます。先日、11号のジャケットを試してみたら、前のボタンを全部閉めることができて、飛び上がりたくなりました。ダイエットを始めてから2ヶ月後の健康診断では、それぞれの数値が見違えるほど変わっていました。

100mg/dlだった中性脂肪値は64mg/dlに、LDLコレステロール値は154mg/dlから133mg/dlに改善していました。

高血圧のほうは、10年前から薬を飲んでいたため、上の数値で120~140mmHG 程度に抑えられていました。時折、疲れたときには160mmHG程度にまで上がってしまうことがありましたが、痩せてからはそれもありません。体調は、太っていたときより格段によくなったと思います。

先日は、沖縄の北部にある山を1 日に2つも登ってきたほどです。現在の目標は、58kg始まで減らすこと。とても楽で、効果抜群の「しかり噛む」ダイエットと出会えて、本当に幸運だったと思っています。

低血糖になるまで血糖値が降下

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私は10年ほど前から、糖尿病、高血圧、脂質異常症 などを抱えていました。ですので、血糖値や血圧を下げる薬が欠かせませんでした。

いわゆる、メタボの典型かもしれません。ここ数年は、病気のせいか倦怠感が強くなってきていました。昼間に居眠りをすることもあり、家族に心配されていました。

173cmの身長に対し、体重は83.3kgにまで増えていました。医者からは、常に痩せるように言われていましたが、根っからの大食漢である私はどうしても食事を我慢することができなかったのです。

そんな私が「しっかり噛む」ダイエットを知ったのは、ラジオでした。ふと聞いた番組で「しっかり噛む」ダイエットについて紹介していました。

そこで、「痩せたい人は唐揚げをたくさん食べましょう」と言っていたのにはびっくりしました。よく聞くと、クリニックは私の自宅のすぐ近くです。そこで、早速クリニックを受診してみると、「肉を食べたほうが脂肪を燃焼しやすくなり、糖質でもないからコレステロールがたまることもありません」と教えてくれました。

それまで私が通っていた病院の栄養指導とは、まったく正反対です。前の病院の先生や栄養士を信じていた私には、「しっかり噛む」ダイエットは、不思議に思えて仕方がありませんでした。でも、その言葉は自信にあふれていたので、先生を信じて「唐揚げダイエット」に取り組んでみようと決めたのです。

基本的には、朝昼晩の3食とも肉料理です。牛肉・豚肉・鶏肉・魚肉ソーセージなどを使った料理を、よく噛んで食べます。1日に、だいたい500 gぐらいの肉を食べている計算になります。

このほか、3食や間食で卵を4 〜5個。それに、四角いチーズを1 〜2個と、コップ1杯の牛乳も飲みます。糖尿病ですから、最初からご飯は食べないことにしました。それまでは、3食とも一膳か二膳は食べていましたし、

なにしろ私は大食漢ですから、それでおなかがすかないだろうかと心配でしたが、意外と大丈夫なものでした。30回噛むと、肉は口の中でドロドロになります。そうして早食いを避けることと、肉に栄養があることから、腹もちがいいのだと思います。

とはいえ、2日や3 日で体重が落ちることはないだろうと思っていました。ところが、3日後に血糖値が劇的に下がり、低血糖の数値になったのです。

相談して、血糖値を下げる薬をやめることになりました。結局、薬をやめても私の血糖値は上がらず、8.8 % もあった私のヘモグロビンA1C は4.8 % にまで激減。

見事、基準範囲内に収まっています。体重も、どんどん落ちていきました。スタート時に83.3kgあったものが、半年後には74kgになり、10kg近い減量に成功したことになります。

だぶついていた腹の贅肉が取れて腹筋が浮かび、顔も見る見る細くなりました。今では周囲の人たちに、「大丈夫? 病気じゃないの? 」なんて言われています。

ウェストは、93cmから82cmになりました。上が180、下が100だった血圧は、130 と70 に下がりました。

これで、血圧の薬もやめることになりました。

コレステロールや中性脂肪の数値も異常でしたが、これも正常値になっています。つまり私は、約10kg痩せたのと同時に、糖尿病・高血圧・脂質異常症 も克服することができたのです。私の周囲には、「肉を食べて痩せるなんて、あり得ないよ」と言う人たちが何人もいました。でも、今の私を見ればそれが本当だと一目瞭然です。

特に糖尿病の人には、「俺を見ろ」と言って「しっかり噛む」ダイエットをすすめています。

7ヶ月で-9kg、体内年齢も18歳若返った

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「よく噛む」ダイエットのことは2年前から知っていましたが、仕事が忙しくてなかなか行けませんでした。ふとしたきっかけから念願だったクリニックへの通院がやっとできるようになりました。

私は、20代からさまざまなダイエットをしました。補正下着やサプリメントにも、かなりのお金を使いましたが、どれも失敗の連続だったのです。でも、「よく噛む」ダイエットは食事の順番を変えるだけなので、費用の心配がない点がいいですね。

私は仕事の終わりが毎日遅いので、夕食が夜中の12時になってしまうこともしばしば。で「遅い時間でも、焼き肉をいっぱい食べて寝なさい。体に一番いい栄養素はタンパク質なんだよ」とおっしゃいます。

それを信じて、夜中の12時にステーキを焼いて食べました。すると、翌朝のお通じの量が多く、体重も減っています。胃もたれもありません。あとは、30回よく噛むだけです。

それを7ヶ月続けたら、61kgだった体重は52kgに減りました(身長152cm)。37.5% もあった体脂肪率は、29 % になりました。

11 号でもきついことがあった洋服のサイズは9 号になり、ものによっては7号でも入ります。ポッコリと出ていたおなかは凹み、バストやヒップにもプリプリと張りが出てきました。

まるで、20 代の頃に戻ったかのようです。もう1つのうれしい効果は、下半身に表れました。仕事柄、正座をすることが多いのですが、以前は賛肉がたくさんついていたせいか、それがつらくて大変でした。でも、体重が減った今は、長時間の正座もまったく苦にならないのです。

我慢する必要のない「よく噛む」ダイエットは、目からウロコでした。今後も肉を30回噛んでたくさん食べ、若々しいスタイルと健康を維持するつもりです。

毎晩、欠かさずにビール10本飲んで42kg減

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

脱サラしてコンビニ経営を始めた、30歳の頃から太り始めました。最初は気にしていませんでしたが、60kg台だった体重が90kg台になったときには、さすがにまずいと思ってダイエットしました。

でも、そうして減量できてもすぐにリバウンドしてしまい、さらに体重が増える悪循環の繰り返しでした。どこかで「ダイエットはリバウンドとの闘いの始まりでもある」というのを聞いたことがありましたがまさにその通りでした。

5年前に100kgの大台を超え、1年前には117kg。30歳の頃と比べると、倍近くまで体重が増えてしまいました。こうなると、健康面の不安が顕著になってきて、睡眠時無呼吸症候群にもなっていたのです。

私の体を心配した妻のすすめもあって、「よく噛む」ダイエットとの出会いでした。クリニックでは「太るのは糖質だけだから、肉をどんどん食べてください」と言います。これまで、肉はダイエットの大敵だと思っていましたから、この説明には本当に驚きました。でも、実行あるのみです。

私は昔から朝食を食べないので、昼食と夕食を肉中心にし、卵とチーズを加えました。昼食には沖縄ソバや弁当を食べていましたが、それはやめました。午後1時頃におなかがすいたら三角形のチーズを1個食べ、夕食までにおなかがすいたらまたチーズです。

和食だった夕食は、肉限定にしました。その日に食べたいと思う量の肉を、焼いたり揚げたりして妻に料理してもらうのです。そのほか、卵を2個使った目玉焼きやオムレツなども加えてもらいました。

最初に肉料理を食べ、それから卵料理です。それぞれ、ひと口に40 回ほど噛んで食べます。それまでは早食いだった私が、30分以上かけてゆっくり味わうようになりました。

食べる量は少ないのに、空腹感がありません。おなかがすいてフラフラになることもなく、体全体に力がみなぎり、集中力も高まったように思います。こうして、私の体重は週に1〜2kg、月にすると4〜5 kgずつ減っていきました。

最初の5 ヶ月だけで、なんと25kgも減っていたのです。ところが、この頃からしばらく体重が落ちなくなりました。そこで血液検査を受けてみると、肝機能がよくないことがわかりました。実は、どうしてもビールがやめられず、ダイエットを始めた後も350ccの缶を毎晩10本ずつ飲んでいたのです。すると、糖質ゼロのビールやノンアルコールビールに変えるようアドバイスいただきました。実行すると、その後1.5ヶ月で5kgも落ち、肝機能の数億も改善できました。

スタート時に117kgだった体重は87kgになり、約7ヶ月で30kg減り、ダイエットに成功できました。