低血糖になるまで血糖値が降下

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私は10年ほど前から、糖尿病、高血圧、脂質異常症 などを抱えていました。ですので、血糖値や血圧を下げる薬が欠かせませんでした。

いわゆる、メタボの典型かもしれません。ここ数年は、病気のせいか倦怠感が強くなってきていました。昼間に居眠りをすることもあり、家族に心配されていました。

173cmの身長に対し、体重は83.3kgにまで増えていました。医者からは、常に痩せるように言われていましたが、根っからの大食漢である私はどうしても食事を我慢することができなかったのです。

そんな私が「しっかり噛む」ダイエットを知ったのは、ラジオでした。ふと聞いた番組で「しっかり噛む」ダイエットについて紹介していました。

そこで、「痩せたい人は唐揚げをたくさん食べましょう」と言っていたのにはびっくりしました。よく聞くと、クリニックは私の自宅のすぐ近くです。そこで、早速クリニックを受診してみると、「肉を食べたほうが脂肪を燃焼しやすくなり、糖質でもないからコレステロールがたまることもありません」と教えてくれました。

それまで私が通っていた病院の栄養指導とは、まったく正反対です。前の病院の先生や栄養士を信じていた私には、「しっかり噛む」ダイエットは、不思議に思えて仕方がありませんでした。でも、その言葉は自信にあふれていたので、先生を信じて「唐揚げダイエット」に取り組んでみようと決めたのです。

基本的には、朝昼晩の3食とも肉料理です。牛肉・豚肉・鶏肉・魚肉ソーセージなどを使った料理を、よく噛んで食べます。1日に、だいたい500 gぐらいの肉を食べている計算になります。

このほか、3食や間食で卵を4 〜5個。それに、四角いチーズを1 〜2個と、コップ1杯の牛乳も飲みます。糖尿病ですから、最初からご飯は食べないことにしました。それまでは、3食とも一膳か二膳は食べていましたし、

なにしろ私は大食漢ですから、それでおなかがすかないだろうかと心配でしたが、意外と大丈夫なものでした。30回噛むと、肉は口の中でドロドロになります。そうして早食いを避けることと、肉に栄養があることから、腹もちがいいのだと思います。

とはいえ、2日や3 日で体重が落ちることはないだろうと思っていました。ところが、3日後に血糖値が劇的に下がり、低血糖の数値になったのです。

相談して、血糖値を下げる薬をやめることになりました。結局、薬をやめても私の血糖値は上がらず、8.8 % もあった私のヘモグロビンA1C は4.8 % にまで激減。

見事、基準範囲内に収まっています。体重も、どんどん落ちていきました。スタート時に83.3kgあったものが、半年後には74kgになり、10kg近い減量に成功したことになります。

だぶついていた腹の贅肉が取れて腹筋が浮かび、顔も見る見る細くなりました。今では周囲の人たちに、「大丈夫? 病気じゃないの? 」なんて言われています。

ウェストは、93cmから82cmになりました。上が180、下が100だった血圧は、130 と70 に下がりました。

これで、血圧の薬もやめることになりました。

コレステロールや中性脂肪の数値も異常でしたが、これも正常値になっています。つまり私は、約10kg痩せたのと同時に、糖尿病・高血圧・脂質異常症 も克服することができたのです。私の周囲には、「肉を食べて痩せるなんて、あり得ないよ」と言う人たちが何人もいました。でも、今の私を見ればそれが本当だと一目瞭然です。

特に糖尿病の人には、「俺を見ろ」と言って「しっかり噛む」ダイエットをすすめています。