毎晩、欠かさずにビール10本飲んで42kg減

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

脱サラしてコンビニ経営を始めた、30歳の頃から太り始めました。最初は気にしていませんでしたが、60kg台だった体重が90kg台になったときには、さすがにまずいと思ってダイエットしました。

でも、そうして減量できてもすぐにリバウンドしてしまい、さらに体重が増える悪循環の繰り返しでした。どこかで「ダイエットはリバウンドとの闘いの始まりでもある」というのを聞いたことがありましたがまさにその通りでした。

5年前に100kgの大台を超え、1年前には117kg。30歳の頃と比べると、倍近くまで体重が増えてしまいました。こうなると、健康面の不安が顕著になってきて、睡眠時無呼吸症候群にもなっていたのです。

私の体を心配した妻のすすめもあって、「よく噛む」ダイエットとの出会いでした。クリニックでは「太るのは糖質だけだから、肉をどんどん食べてください」と言います。これまで、肉はダイエットの大敵だと思っていましたから、この説明には本当に驚きました。でも、実行あるのみです。

私は昔から朝食を食べないので、昼食と夕食を肉中心にし、卵とチーズを加えました。昼食には沖縄ソバや弁当を食べていましたが、それはやめました。午後1時頃におなかがすいたら三角形のチーズを1個食べ、夕食までにおなかがすいたらまたチーズです。

和食だった夕食は、肉限定にしました。その日に食べたいと思う量の肉を、焼いたり揚げたりして妻に料理してもらうのです。そのほか、卵を2個使った目玉焼きやオムレツなども加えてもらいました。

最初に肉料理を食べ、それから卵料理です。それぞれ、ひと口に40 回ほど噛んで食べます。それまでは早食いだった私が、30分以上かけてゆっくり味わうようになりました。

食べる量は少ないのに、空腹感がありません。おなかがすいてフラフラになることもなく、体全体に力がみなぎり、集中力も高まったように思います。こうして、私の体重は週に1〜2kg、月にすると4〜5 kgずつ減っていきました。

最初の5 ヶ月だけで、なんと25kgも減っていたのです。ところが、この頃からしばらく体重が落ちなくなりました。そこで血液検査を受けてみると、肝機能がよくないことがわかりました。実は、どうしてもビールがやめられず、ダイエットを始めた後も350ccの缶を毎晩10本ずつ飲んでいたのです。すると、糖質ゼロのビールやノンアルコールビールに変えるようアドバイスいただきました。実行すると、その後1.5ヶ月で5kgも落ち、肝機能の数億も改善できました。

スタート時に117kgだった体重は87kgになり、約7ヶ月で30kg減り、ダイエットに成功できました。