腎不全の元凶 AGE を9割以上吸着する「純炭粉末」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

糖尿病合併症の元凶は糖化たんばく質「AGE」

「AGE」については、NHKの健康情報番組特集されてから、知名度が急激に上がりました。AGEは、わが国で急増中の糖尿病と深いかかわりを持つ悪玉物質です。

「純炭粉末 きよら」はAGEを排泄します。

自覚症状のない糖尿病で最も怖いのは、全身に起こる合併症です。3大合併症(糖尿病の合併症についてはこちら)として知られる神経障害、網膜症、腎症のほか脳卒中心筋梗塞が代表的です。 高血圧や非アルコール性脂肪性肝炎、ガンや認知症などとの関連も明らかになってきました。

糖尿病合併症の起こる危険度は、糖尿病になった直後の食後血糖値の改善努力でほぼ決まると報告されています。 この報告からわかるのは、血管や臓器に蓄積されたAGEが合併症に関与しているということです。いいかえると、AGE こそ糖尿病合併症の元凶だと明らかになってきたのです。

とはいえ、血糖コントロールを怠ってきた人も絶望する必要はありません。AGEをこれ以上増やさない「抗糖化対策」をご紹介します。 そもそもAGEとは、ブドウ糖や果糖がたんばく質と化学結合してできた老化物質のことです。血液中のたんばく質が高血糖にさらされるたびに生成され、高血糖にさらされた時間の分だけ、血管や臓器に蓄積していきます。 「高血糖の記憶」という新しい概念です。

AGEの中にはかなり強い酸化、炎症力を持つものがあり、血管や臓器をじわじわと傷つけていきます。こうした影響が具体的な症状となって表に出てきたものが、糖尿病合併症というわけです。 血管や臓器に蓄積されたAGEは、とてもゆっくりと代謝されます。

人間の一生の長さを踏まえると、一度できたAGEは減らせないものと考えていいでしょう。 あるときを境に心機一転して血糖管理に励んでも、長年の「ツケ」を返すのはそう簡単ではないのです。

ところでブドウ糖は、エネルギー源で生きていくために必要な栄養素です。そのため糖尿病でなくても誰の体内でもAGE は絶えず作られています。 平均的な健康寿命より15年ほど短命である、と報告されている糖尿病患者。老化を早めている原因がAGEであることを裏づける報告の1つです。 非糖尿病の人でも加齢に伴いAGEは増えていきます。AGEの蓄積を防ぐ最も簡単な方法は、食べる順番を変えることです。炭水化物を含む主食の前に、糖質の分解や吸収を緩やかにする食物繊維が豊富な食材を食べるだけで、血糖値の急上昇が抑えられます。白米を雑穀・大麦・玄米ご飯に変えるのも、有効な手段の1つです。

食べながら血糖値を下げるはとても役立つ情報が満載です。 もう1つ、ぜひとも実践していただきたいのが、食後のウォーキングです。食事で増えたブドウ糖は、筋肉のエネルギー源になります。 15~30分歩くだけでもブドウ糖が消費されて、高血糖が改善するのです。AGEの生成は、体内の酸化によって促されることもわかっています。 食事では、食後高血糖や酸化ストレスを抑えてくれる野菜やキノコ、海藻類などを多くとるようにするといいでしょう。食事の最初にこれらを食べるとより効果的です。 なお、わずかな食後血糖値の上昇でも、AGEは生成されるとわかってきました。

空腹時血糖値だけでは高血糖の判定はできず直近の血糖値の平均を示すヘモグロビンA1Cが重要

糖尿病と血糖値の関係は深く関係していますが、まず血糖値についてです。血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のこと。食事をすると血液中のブドウ糖の量が増え、血糖値が上昇します。 血糖値が上がると、膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンの分泌量が少なかったり、十分な量が分泌されていても働きが悪かったりすると慢性的な高血糖の状態が続き、糖尿病を引き起こすのです。

食後に高くなった血糖値は、健康な人の場合はインスリンがすぐに分泌されるため、血糖値はそれほど上がらず、短時間のうちに下がって元のレベルにります。 糖尿病の診断で多く用いられているのは空腹時血糖値で110mg未満なら正常と判断されます。ところが、血液中のブドウ糖の量は、そのときの食事内容、体調、ストレスなどによって変化しやすく、安定した測定ができません。検査の前だけ節制すれば、血糖値を低くすることもできてしまいます。

そこで重視されだしたのがヘヘモグロビンA1Cです。ヘモグロビンとは、血液中の成分である赤血球に含まれる色素のこと。ヘモグロビンは、一部が血液中にあるブドウ糖と結合しており、一度結合すると離れないという性質があります。ヘモグロビンA1Cの検査では、ヘモグロビンにブドウ糖がついた状態の物質が血液中に何% 残っているかを測定します。 ヘモグロビンA1Cの寿命は1~2月なので、直前に食事を制限しても急に変化することはなく、過去1~2ヶ月間の平均血糖値を反映してくれます。 そのため、空腹時血糖値とヘモグロビンA1Cの2つを合わせて、糖尿病の診断の指針にすることが一般的になっています。糖尿病学会などでは、以下にあるように、ヘモグロビンA1C、4.3~5.8八未満が正常、5.8~6.1未満が糖尿病の可能性、6.1以上が糖尿病と判断されます。

ヘモグロビンA1Cの基準値

  • 基準値/4.3~5.8未満
  • 糖尿病の可能性/5.8~6.1未満
  • 糖尿病/6.1以上

しかし、老人保健法では、5.5以上でも糖尿病の可能性がある群に分類されています。こんな実験があります。空腹時血糖値が100~109mgの人たちを選んで、ブドウ糖負荷試験を実施。2時間後の血糖値が140mg以上になった人を境界型、140mg未満になった人を正常型と分類し、この2つのグループの人たちのヘモグロビンA1Cを調べたのです。

その結果、ヘモグロビンA1C5.5以上の人はブドウ糖を飲んだ後、時間が経過しても血糖値が下がりにくいことが明らかになりました。以下の表を見ていただければおわかりのとおり、ヘモグロビンA1Cが5.4以上の人たちは、空腹時血糖値が100mg程度でヘモグロビンA1が5.8未満の基準域内であっても、食後の血糖値が高い状態を維持しています。 健康な人では、食後2時間後の血糖値が140mgを超えることはまずありませんから、血糖の調整に異常が起こっていると考えられます。 のような研究結果などを踏まえて、特定健診(メタボ健診では空腹時血糖値の基準値は100mg未満、境界型は100~126mg糖尿病は126mg以上となっています。

またヘモグロビンA1Cでは5.2未満が基準値、5.2~6.1未満が境界型、糖尿病は6.2以上となっています。ヘモグロビンA1Cが5.2以上の人は、食後一向血糖の危険が十分にあるということです。

ヘモグロビンA1C55.2以上は食後高血糖の危険性大
境界型 平均型
空腹時血糖値 103 103
負荷30分後 173 167
負荷60分後 197 167
負荷120分後 171 109
ヘモグロビンA1C 5.49 5.41

AGEの排泄は、純炭粉末 きよら

AGEを排除し腎不全・脳卒中・心筋梗塞を予防

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

人工透析患者が急増中、食後高血糖で増える老化物質AGEの腎臓への蓄積による

プロテオミクスと言われてもいまひとつピンとこないかもしれませんが、細胞内のたんばく質の情報をひとつつひとつ集めて、解析していくことです。プロテオミクスは、細胞や生体の全たんばく情報のカタログ化とも呼ばれ、ガン・糖尿病・肝臓病・腎臓病・リウマチなど、病気の原因や薬の効果をたんばく質レベルで明らかにします。

病気の「超早期発見」も可能になると信じて、日々、研究がすすめられています。病気の超早期発見にもつながるたんばく質研究は、同時に老化研究でもあります。

「老化研究」で最近注目しているのが「AGE」です。ブドウ糖や果糖などの糖が、たんばく質と化学結合してできた物質です。糖尿病合併症の元凶として取り上げるメディアも増え、耳にする機会もぐんと増えました。

糖尿病患者は、健康な人よりも老化が早く進むといわれています。それを裏づけるように、「糖尿病患者は平均的な健康寿命より15年ほど短命である。と報告されています。血管や臓器が傷めつけられた末、脳卒中やく心筋梗塞などといった重大な合併症が起こるからです。 そんな合併症をもたらす真犯人こそ、老化物質「AGE」なのです。

AGEは、実際、腎臓病とも無縁ではありません。腎臓病末期の腎不全になると、腎臓でろ過されるべき血液中の老廃物や、尿毒素という毒素が体じゅうをめぐりつづけるため、放置すれば死に至ります。 それを回避するため、人工腎臓で血液を定期的にきれいにするのが人工透析です。

わが国の人工透析患者数は、毎年1万人以上増加しつづけています。なぜ、透析患者が増えているのでしょう。 結論を先にいうと、糖尿病の増加が透析患者の増加に直結しているのです。1998年以降、透析導入の最多庶困は糖尿病三大合併症の1つである「糖尿病腎症」です。 これらの患者は透析導入後の予後がよくないことが報告されています。

AGEは食後、血糖値が上がるたびに作られる物質です。糖尿病では、高血糖のもとに産生された血液中のAGEは、細胞膜の表面にあるAGEという受容体に捕えられ、腎臓の炎症を招き、腎臓の機能低下を早めます。高血糖状態が続けば、腎臓の細胞間にあるコラーゲンがAGE化されるため、構造の変化が起こります。 すると尿たんばくの量が増えて、腎臓が硬くなることもわかってきました。

AGEの中には、とても毒性の強いAGEもあります。AGEと結合した後、血管や臓器を激しく傷つけるものです。腎臓に与える影響も甚大です。健康な人でも多少は作られていますが、糖尿病になるとAGEが過剰に増えていきます。

AGEは食品にも含まれています。具体的には高温で加熱調理された食べ物のほか、清涼飲料水や乳酸菌飲料などで、とりすぎに注意が必要です。 腸から吸収された食品由来のAGEは、血管や臓器の表面でRAGEを増やします。食品由来のAGEをとりすぎると、代謝のバランスがくずれて、AGEが作られやすくなることもわかってきました。 体内でできたAGEと食品由来のAGEによる負担が拡大すると、糖尿病腎症のほはか、網膜症や神経障害など、糖尿病合併症のスイッチが一気に入ります。

AGE化された血管や臓器のコラーゲンはたまる一方で、減らすことができません。現代の我々の食生活では食品由来のAGEをなくすこともできません。糖尿病合併症を防ぐには血糖値の管理だけでは不十分で、AGE蓄積を断ち切るなんらかの対策が必要になります。 「クレメジン」という腎不全治療薬に、食品由来のAGE Eを吸着する作用があることを見出したのです。

実際、腎不全患者にクレメジンを3ヶ月間間投与する試験を行ったところ、血液中のAGEを40% ほど減らせることもわかりました。

純炭粉末100パーセントの「きよら」は、食品や医薬品添加物として使われている国産の結晶セルロースを電気炉で1000度以上に加熱してできた新型活性炭です。石油由来の活性炭であるクレメジンは腸の毒素を取り除く一方、腹部の膨張感や便秘などの副作用をもたらすことが少なくありませんでしたので体に優しい植物由来の活性炭で患者さんの悩みが取り除かれました。

3ヶ月で体重が15kgも減少し、ヘモグロビンA1Cの値は10

体重が9年前に突然、急減しはじめました。自分はガンでは?と不安で夜も眠れなくなりました。知り合いの方がガンになってから本当に痩せて痩せて顔を合わせるのがツラかったことを思い出して強烈な不安感に襲われました。のどが異常に渇き、発汗、動悸が続き、3 ヶ月で15 kg もやせました。 病院を受診したところ血糖値が高く、ヘモグロビンA1C は 10に近かったと記憶しています。30歳になってから、毎年のように境界型糖尿病を指摘されていたので、いよいよ糖尿病になってしまったかという思いでした。

ところが検査の結果、自分の免疫細胞が膵臓を異物として攻撃することで発症する「1型糖尿病」であることがわかりました。当時、糖尿病に1型と2型があることすら知りませんでした。 若年発症がほとんどである1型糖尿病とわかり、医師からは「非常にまれなケースとまでいわれてしまいました。

それからは朝・晩の1日2回、インスリンの注射を打っています。3度の食事の前には、糖の吸収を遅らせる薬も飲んでいます。 治療効果はすぐに現れて、ヘモグロビンA1Cは6.0まで下がりました。55kg まで落ちた体重も、62~63kg まで戻りました。その後もヘモグロビンA1C 6.0 前後と、比較的良好な血糖値を維持していました。

純炭粉末100%の健康食品「きよら」を飲みはじめたのは、それからすぐでした。純炭粉末は、新型活性炭。国産の結晶セルロースから作られています。

糖尿病とわかったころから、実は花粉症の症状もひどく悩まされていました。目のかゆみと、常時垂れ流しといっていいほどの鼻水で困っていました。そんなとき、友人がすすめてくれたのが純炭粉末100%の粒食品でした。 目安量の6粒を3回くらいに分けて飲むのが一般的だといわれたのですが、薬との飲み合わせを考えて、寝る前にまとめて4粒飲むようにしました。 純炭粉末は、悪玉菌が作るアルカリ物質を吸着して体外に排出します。その結果、善玉菌が住みやすい腸内環境が整えられ、アレルギー疾患の改善まで期待できるのです。

花粉症の改善に良いサプリメントはこちらにもあります 。ただし、薬を吸着する場合もあるので、服薬中の人は、薬と純炭粉末100% の粒食品を飲む時間を1~2時間ずらさなければいけません。

腸がきれいになりAGEの数値も正常化

実は、私の義母が大腸ガンだったのですが、純炭粉末100% の粒食品を飲みだしてから、数ヶ月で、腸の調子もよくりました。その後、年1回の検査を続けていて、毎回大腸の写真を撮ってもらっているのですが、純炭粉末100% の粒食品を飲みだしてから、「腸がきれいになった」と医師に言われました。

ついでに病院で肌のAGE の蓄積量を調べてもらったところ、同年代の平均的な数値だとわかり安心しました。AGEの蓄積量は、糖尿病合併症である血管障害を引き起こす指標ですので。 糖尿病でない人でも加齢で増えていきますが、糖尿病の人は急速にAGEが蓄積していくことが、近年わかってきたそうです。

AGEの蓄積を防ぐには、血糖管理はもちろんのこと、食品に含まれるAGEの摂取量を減らす努力も大切です。AGE測定の結果を見て、とてもうれしくなりました。

AGEの排泄は、純炭粉末 きよら

自宅で血糖値を下げるでは、日々の生活習慣の中で血糖値を下げるための行動を紹介しています。糖尿病の方は必見です。

のどの異常なかわき、体重減少、頻尿で検査をしたら1型糖尿病

常時というわけではありませんが、ふとしたとき、合併症の不安に襲われることがありました。やはり糖尿病と言われても何かピンとこないのが正直なところと、異常にツライ症状がでてくるわけではありません。だからこそ、甘く見てしまうのがいけないのかもしれません。

大手建設会社の設計部門で働いているのですが、体に異変が起こったのは、4年前でした。

「大学院を出て就職してから1年ほどは現場を任されており、朝早くから夜遅くまで働いていました。 そんなある日、体重が急激に落ちはじめ、普段の洋服がゆるくなってきました。最初は働きすぎかな、なんて思っていましたが、のどの渇きや頻尿も続き、おかしいと思いました。

夜中、トイレに行く回数もかなり多く心配しました。 病院に行ったときには、体重は10キログラム以上落ちていました。 精密検査を受けたところ、高血糖を指摘されました。生活習慣病の典型である2型糖尿病が疑われていました。しかし検査の結果、1型糖尿病と判明したのです。 1型は原因不明で、2型に比べて患者数が少ないこと、子どものときになる人が多いこと、などと言われました。合併症の危険性の説明を聞いているうちに、深刻な病気であることを次第に自覚するようになりました。

とはいえ、まだ小学校にあがらないくらいの小さな子どもでも現実を受け入れて前向きに治療しています。自分もがんばろうと思いました。血糖値を下げるインスリンというホルモンを補う治療を始めました。 主治医の指示に従い、その後もヘモグロビンA1Cは6.0を維持しています。

とはいえ、普通の人より血糖値が少し高いのは気がかりで懸案事項として自分で自覚していました。会社の人にも糖尿病は合併症がコワイと脅されていたのもあったのかもしれません。

1型は糖尿病の罹患期間が必然的に長くなるため、やはり合併症の発症が不安なんです。友人からは、「合併症よりも、ストレスで病気になる可能性のほうが心配だよ」なんて、笑えない冗談をいわれます。

将来への不安は、1型糖尿病になった人にしかわからないのでしょう?私をさらに不安にさせる出来事がありました。それは、「終末糖化産物(AGE)」です。 血糖は最終的に、AGEに化けるんです。それが糖尿病合併症の元凶、という話でした。その後、インターネットなどで情報を集めたところ、加工食品やジュースなど、食べ物や飲み物に入っているAGEも、できるだけ減らしたはうがいいと知りました。

現在、ひとり人暮らしをしながら仕事をしてますが、ときどき飲んでいた清涼飲料水を、いっさいやめました。一方で、AGE が多いといわれる外食、弁当、レトルト食品の摂取はどうしても避けられずにこれがまた不安材料のひとつでした。 そんなとき、純炭粉末100%の健康食品「きよら」を母が送ってくれました。食べ物や飲み物のAGEを98%取り除いてくれるということ純炭粉末自体は腸かられ吸収されませんし、体に悪いないだろうと思って、試してみました。

朝・昼・晩の食前に2粒ずつ計6粒飲み始めました。変化は特にかんじていませんが、便が黒くなったことがあげられます。ところが年末のあたりから、靴下がめり込むほどだったふくらはぎのむくみが軽くなっていったんです。 正月休みでゆっくりしていたからだと思っていましたが、年が明けて仕事が始まってもむくみが出ず、純炭粉末100%の粒食品のおかげだとわかりました。 ほかにも、肌の乾燥が改善しました。

AGEの排泄は、純炭粉末 きよら

関連情報: 糖尿病の手術療法(1型の根治治療)はこちら。

日本人の国民病として定着してしまった糖尿病ですが、現在は予備軍を含めると1100万人と言われています。人口の10%以上が血糖値が高い、ヘモグロビンA1Cが高い、尿から糖が出ているということです。当然、管理しなければ、失明、壊疽により足を切断、人工透析と合併症がすすむ可能性があるということです。

最近では、糖尿病を防ぐことは大切ですが、さらに糖尿病になってしまっている人には糖尿病の合併症を防ぐにはAGEを減らすことが大事だということがわかってきました。
糖尿病の合併症についての詳細はこちらです。

糖尿病は糖尿病の症状そのものよりも合併症の症状がとても怖いことがよくわかります。では、合併症を防ぐためにどういうったことをすればいいのでしょうか?
糖尿病というと血糖やヘモグロビンA1Cをできるだけ低く維持することがとても大切です。それは、病院でも耳にたこができるくらい説明を受けたはずです。そして、大好きなおまんじゅうやお菓子類を我慢してストレスはたまるのに...血糖値は下がらない...そんな経験をしているかもしれません。

このなかなか下がらない血糖値、やヘモグロビンA1C、活性酸素や病気、そして糖尿病の合併症の原因にもなっている元凶物質は「AGE」です。「AGE」は終末糖化産物と呼ばれる物質です。この物質はどこにあるのでしょうか?

AGEが産生されるメカニズムは、主に2つあります。まずは、食後に血糖値が上昇することで体内に発生するケース。さらに、飲食物にAGEがもともと含まれていて、それが腸から吸収され、体内に蓄積していくケースです。


驚くべきことに、加熱調理した食品には、必ずといっていいほどAGEが含まれています。目には見えないので実感がありませんが、とてもコワイ物質です。

そうした飲食物由来のAGEが腸から吸収されると、体内でRAGEという受容体を呼び起こします。この受容体は、血液中に存在する無数のAGESを捕えます。なかには、非常に毒性の強いものもあり、それが体内の健康な細胞組織を傷つけるのです。

最近では、飲食物に含まれるAGEが腸から吸収されて血液中に入り込み、直接的に肌や髪、血管や臓器に悪影響を与える可能性があることも解明されてきました。

さて、このように危険なAGEを、強力に除去できる新素材が注目を集めています。古くから体によいとされている炭。その炭を食品にも使用されている高純度結晶セルロースから作ることに成功したのです。腎機能が弱って病院に通院している人だとわかると思いますが、腎機能の毒素排泄を促すために「クレメジン」という薬を服用していると思いますが、これも原料は炭です。炭は、水道などのフィルターにも使われており、不純物を濾過する力があるのです。


「純炭粉末 きよら」は安全かつ特殊な炭を原材料にしており、従来の木炭や竹炭製品に比べて長期間安心して利用できる健康食品です。「食べる純炭 きよら」は、高純度結晶セルロースから作られた「ダイエタリーカーボン純炭」(純炭粉末)が主原料の炭加工食品です。

きよらの原材料である「ダイエタリーカーボン純炭」(純炭粉末)は、竹炭などの木材由来の炭にくらべて、「カリウム」「リン」などをほとんど含有していません。クレアチニン値の上昇など腎臓の機能に不安のある方や、摂取量が制限されている方でも安心して摂取することが可能です。

純炭は、粒子の細かい穴に入り混んだ物質を善悪問わずに吸着排出します。純炭粉末 きよらは、選択制の高い吸着能力を発揮し、比較的悪玉と考えられる物質のみを吸着します。

優れた吸着作用以外に見逃せないのが腸内正常化です。腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌がありますが、善玉菌は酸性環境を、悪玉菌はアルカリ性環境を好みます。

腸内のアルカリ性物質の主体は悪玉菌の産生するアンモニアであり、酸性物質の主体は、善玉菌が産生する乳酸や酪酸なたんさどの短鎖脂肪酸です。

食べる純炭 きよらは、アンモニアを吸着する力が強いため、腸内環境が酸性に傾き、悪玉菌の繁殖がおさえられます。

こうして、腸内環境が整えば、免疫力の向上が期待できます。実際、食べる純炭 きよらの摂取により、食物アレルギーやアトピー、花粉症、ぜんそくといったアレルギー症状が改善したという声も多数届いています。

実際に食べる純炭 きよらを使用した方々の使用感や口コミはこちらです。血圧や血糖値が下がったり、便秘が改善、腎機能や肝機能が改善したなどの生の声です。医者に血糖値を下げないと、ヘモグロビンA1Cをもう少し下げましょう!と言われても効果がなかなかでない人は是非、この強力にAGEを除去してくれるきよらでよい結果を出してください。

純炭粉末 きよらは、尿毒素の除去力が強力で糖化物質「AGE」の吸着効果は薬以上