タグ「こむら返り」が付けられているもの

血流の悪化が原因

不眠の原因は個人個人さまざまですが、中には就寝中にふくらはぎに激痛が起こるため、熟睡できないという人もいます。この症状は、「こむら返り(こむらとは、ふくらはぎの別称)」と呼ばれます。

こむら返りは、なぜ起こるのでしょうか。体内にある心臓から流れ出た血液は、動脈を通って、臓器や筋肉など、全身の細胞に酸素と栄養を運びます。そして、静脈を通じて細胞から二酸化炭素や老廃物を回収しながら、心臓へと戻っていくのです。

下半身では、重力に逆らって血液を心臓へ送らなければなりません。 このとき、重要な働きをするのが、ふくらはぎの筋肉です。ふくらはぎの筋肉は、収縮と財鑑(緩むこと)をくり返すことで、ポンプのように静脈の血韓を押し上げます。こうして、心臓のポンプ作用に匹敵する「第二の心臓」として働くわけです。

ところが、運動不足や冷えなどが原因で、下半身の血流が惑くなると、ふくらはぎの筋肉に、回収されなかった老廃物や疲労物質がたまってきます。その結果、ふくらはぎの筋肉は硬くこわばり、収縮したままになって、けいれんを起こすことがあるのです。 朝方にこの症状が出るケースが多いのもこむら返りの特徴です。 このけいれんこそ、こむら返りの痛みの原因。

筋肉のけいれん自体は、どの部位でも起こりますが、とりわけ、血流が滞りやすいふくらはぎの筋肉で多発すると考えられます。特に、就寝中は足を動かすことが少ないので、筋肉のけいれんを引き起こしやすいのです。こむら返りの痛みは、短時問で治るのが一般的ですが くり返し起こる人も多く、不眠の原図になってしまいます。つまり、下半身の血流をよくして、こむら返りを防げば、問題になている不眠の解消に直結するのです。

ふくらはぎもみを習慣化する

慢性的なこむら返りによる不眠で悩んでいる人のふくらはぎをさわってみると、たいていの場合、 硬くこわばっています。これは、血流が悪化しているサインです。 速足歩きや踏み台昇降などの運動によって、ふくらはぎをよく動かすようにすることで改善します。

また、夏場はきつい冷房によって、下半身の血流が悪くなることも少なくないので、職場や家ではひざ掛けを使う、冷房をきつくしないなど、下半身の冷えをできるだけ防ぐことも大切です。

加えて、就寝前には硬いふくらはぎを指で直接もみほぐす「ふくらはぎもみ」を行うのがおすすめ。こむら返りに悩む人の中には、忙しくて運動の時問が取れなかったり、足腰に痛みを抱えたりしている人もいます。 そうした人でも、ふくらはぎもみなら手軽にでき、習慣化もしやすいでしょう。

ふくらはぎもみのやり方は簡単。ふくらはぎに左右の手の親指を重ねて乗せ、少し痛いけれど気持ちがいいと思うぐらいの強さで、かかと上部からひざ真に向かって押すだけです。 これを、ふくらはぎの左側・中央・右側で1分ずつ、夜毎る前に毎日行うといいでしょう。こうすることによって、硬かったふくらはぎの筋肉がほぐれるため、就寝中でも硬直しにくくなります。

さらに、ふくらはぎのポンプ作用も高まるため、血流が促されて老廃物や疲労物質も排出されやすくなります。その結果、こむら返りが治って再発も防げるのです。

装着するとふくらはぎが刺激されるサポーターも

装着することによってふくらはぎの筋肉が適度に刺激され、手でもまなくても筋肉の硬直が防げる便利なサポーターもあります。それが、ふくらはぎもみの原理を応用して開発された「ふくらはぎサポーター」で、こむら返りで悩む人に人気商品となっています。

一般のサポーターの場合、ふくらはぎを強めに締めつけるものが多いようですが、そうすると血流が悪くなるため、かえってこむら返りが起こりやすくなります。ふくらはぎサポーターは、伸縮性の高い生地を素材としているうえ、部分ごとに編み方を変えて、4段階の強弱をつけているのが特徴です。

ふくらはぎの中央と左右の部分は、弱めの圧力がかかるよう凸状の編み方になっています。それ以外の部分は、やや強めの圧力がかかります。このような圧力の違いによって、ふくらはぎサポーターを着けると、まるで手でもまれているように、自然にふくらはぎが刺激されるのです。 ふくらはぎサポーターは、弱めの圧力がかかる凸状の部分がふくらはぎの中央に当たるようにして着けます。

就寝中に着ければ、眠っている問にふくらはぎの筋肉が適度にもみほぐされ、こむら返りを防ぐ作用が期待できます。 また、昼問に着ければ、長時間の立ち仕事などで起こる足の疲れや、むくみを防ぐのにも役立ちます。就寝中にこむら返りが、ひんばんに起こり、不眠に悦んでいる人や、足のむくみが気になる人は、ぜひ、ふくらはぎサポーターを試してみてください。ただし、高血圧や糖尿病など、血管の疾患を持っている人は、使う前に医師に相談したほうがいでしょう。

夜中に目覚めるひどい こむら返り ふくらはぎサポーターで改善したので紹介します。約数十年も前から、いつも夜、寝ているときの足の痛みに悩んでいました。「夕方になると、ふくらはぎから足の裏までの筋肉が、こわばったような感じになりました。 そして夜中、こむら返りが起こって、その痛みで飛び起きていたのです。こむら返りが起こるのでは?と心配するとどうもゆっくり眠れませんでした。

22273491.jpg

ふくらはぎ だけでなく、足の摘も頻繁につって痛みました。 一晩で複数回もこむら返りが起こることもよくあり、そのつど痛みが治まるまで耐えなければなりません。そのせいで不眠になり、朝起きるのがつらい日もありました。

夕方の足のこわばりが強いときには、今夜もこむら返りが起こるに違いないと気がかりで、寝つきも悪くなってしまいました。 ふくらはぎや足の指が痛む原因は、筋肉のこわばりにあるのではないかと感じていました。 そこで、足のこわばりが強いと感じたとき、入浴後にふくらはぎや足の指をもみほぐしていたそうです。

年を重ねるにつれて、こむら返りや足の指の痛みが起こる回数は増えてきました。若いころと比べて、夕方に筋肉のこわばりを感じることも多くなり、このままでは一生、不眠に悩まされるのではないかと心配していました。

ふくらはぎサポーター のことを知ったのは、少し前のことでした。 ふくらはぎサポーター は、ふくらはぎにかかる圧力の違いにより、着けているだけで自然にふくらはぎのマッサージができるとうことでした。

最初は、こむら返りの解消に役立つかどうか、半信半疑でした。しかし、変化を実感した人も少なくないようだし、着けるだけでマッサージができるのも魅力的に思えたので、試してみることにしたのです。 早速、ふくらはぎサポーター を購入し、入浴後に着けて寝るようにしました。すると、その夜、こむら返りも足の指の痛みも全く起きないのです。 さらに、日中も ふくらはぎサポーターをつけるようにしたところ、夕方に起こっていた足のこわばりも、しだいに出なくなってきたました。

ふくらはぎをさわってみると、以前よりも明らかに軟らかくなっていました。
ふくらはぎサポーター を使いはじめてから、こむら返りは一度も起こっていません。もうこれは手放すことができません。 日中に足がこわばることがないので、不安も消えてスムーズに寝つけるし、朝まで熟睡できます。これは本当にありがたいですね。「ふくらはぎサポーター」で誰もが同じ感想を得られることはありませんが、ふくらはぎがつってしまうことで悩んでいるのなら是非おすすめです。

お医者さんのふくらはぎ テーピング サポーター

お医者さんのふくらはぎ テーピング サポーター
●足裏アーチを作り、長時間の歩行も疲れにくい歩いたらすぐ疲れる方に適したサポーターです。
●着圧のサポートでブレを抑えて足への負担を軽減。ふくらはぎから土踏まずまでしっかりとサポートするので、立ちっぱなし、階段の昇り降り、ウォーキングに適しています。土踏まずの特殊なパッドで足の負担をサポートしてくれます。
●着圧テーピングでふくらはぎのブレを軽減
●3点歩行をしっかりサポート密集したクッション編みが土踏まずを盛り上げ、3点歩行を促します。
●テーピング理論で足首をしっかり固定足首をしっかり固定することで筋肉の動きをバランスよくして、負担を軽減し歩くことを促します。
●体から発する湿気を熱に変える。東レ(株)の機能繊維SOFTTHERMO(R)使用体から発生する湿気を素早く吸収して発熱。本当の暖かさを実感できます。特殊な繊維が作り出す空気のポケットは、優れた保温性を発揮し暖かさを持続します。ムレの原因となる湿気もコントロールするため、長時間さらっとした状態を保ちます。
●立ち仕事に・ウォーキングに・階段の昇り降りに・旅行に
●日本整形外科学会整形外科専門医 具志堅勉先生と共同開発
●男女兼用 【お医者さんのふくらはぎテーピングサポーター Lサイズの原材料】 ポリエステル、アクリル、その他 【規格概要】 ・適応サイズ:ふくらはぎまわり37~42(cm)

バンテリンサポーター ふくらはぎアシスト ふつうサイズ

バンテリンサポーター ふくらはぎアシスト ふつうサイズ シルバーグレー ふくらはぎ周囲 32~37cm 商品サイズ (幅×奥行×高さ) :11x3x21 原産国:日本 内容量:1足2枚入

コムレケアa 48錠

体力に関わらず使用でき、筋肉の急激なけいれんを伴う痛みのあるものの次の諸症: こむらがえり、筋肉のけいれん、腹痛、腰痛

こむら返り とは

こむら返りは主に夜におこる足のけいれん発作のこと。海外では「Leg cramps」「Noctunal leg cramps」という名称で知られていますね。

自分の意志とは関係なく足にだけおこり、通常は痛みを伴うのが特徴です。こうした「足のつり」は足や手などの筋肉が伸縮バランスを崩して異常な収縮を起こした結果、元に戻らなくなったためと考えられています。

こむら返りはふくらはぎの筋肉が一番有名ですが、足から太ももまで、脚のどこにでも起こる可能性があります。夜に発生することが多く、通常は数秒から数分しか続きません。

実はこむら返りは、非常にありふれた疾患です。年齢が上がるごとに発生頻度が高くなり、50歳までに誰もが一度は経験し、50歳以上の最大33%もの方がこむら返りで困っているという報告もあります

ふくらはぎサポーター