高カロリーの給食と遅い夕食が原因で血糖値が上昇したが治った

高カロリーの給食と遅い夕食が原因で血糖値が上昇し困りましたが数値を下げることができ、治った のは はつらつ堂 テンペ菌 薬草茶 「 八酵麗茶 」 を 1 日 2 回 欠かさず飲んだからです。遺伝的なものはほとんど皆無だったので、私の食習慣が糖尿病を招いたのだと思います。

コレステロールも問題なく、体脂肪率は20%を切った

私の血糖値が高くなり始めたのは、今から 10 年ほど前からです。親族に糖尿病は1人もいないので、遺伝ではなく、食生活やストレスが原因だったと思います。 血糖値 や ヘモグロビン A1C という言葉も全く知りませんでしたし知識もありませんでした。糖尿病という病気についても尿に糖がでる病気ぐらいしか思っていませんでした。

私は以前、小学校の教師をしていました。今思うと、問題点は給食で、生徒と同じものが出るのですが、これが高カロリーの料理ばかりだったのです。「あの給食を大人が食べるのは、ちょっとカロリーが高すぎる」と、栄養士さんからも注意されました。育ち盛りの食事をおじさんが食べていたらよくないことは火を見るより明らかです。

しかし、食堂に全員が集まって給食を食べる方式だったので、自分だけ別のものを食べるわけにもいきません。 高血糖を指摘されてからというもの、給食がプレッシャーで「こんなに食べちゃだめだ。でも残せない」というジレンマで毎回イライラしていました。

給食の時間が来ると、吐き気がしたり、お腹を壊すことも多かったので今思えば大きなストレスだったように思います。

当然、仕事柄、ストレスもたまります。夕食が毎晩21時過ぎからだったことも、血糖値が上がった原因だと思います。遅いのに結構な量を食べてしまうのです。お腹がすくので、かなり食べていたと思います。これはストレスが影響していたのかもしれません。また、夜遅くに食べるとしっかり睡眠できずに不眠になるようになりました。当時は、食べ過ぎが原因だとも思わずに睡眠薬を飲んでいました。

八酵麗茶.jpg

そんなとき、教師で同じように体調を崩していた同僚に テンペ菌の薬草茶 「 八酵麗茶 」 のことを教えてもらいました。

半信半疑で取り寄せたところ、これが大正解。私の体にピッタリだったようで、ほどなく検査値が改善したのです。血糖値、ヘモグロビン A1C が日を追うごとに下がっていきました。

血糖値は、140 mg / dl から 110 mg / dl に。血圧も 140 mmHG から120 mmHG に。 テンペ菌発酵の薬草茶 「 八酵麗茶 」を飲んでいれば、血糖値を気にせず生活できるので安心です。

大好きなお酒も、ほどほどに楽しんでいます。多少食べ過ぎても少し多めに 八酵麗茶 を飲むと翌日には下がっています。

最近の健康診断では、コレステロールも問題なし、体脂肪率が 20 % を下回るという、うれしい結果も出ました。 テンペ菌 薬草茶 の効果はすごい!とあらためて実感しました。

医師からも「インスリンの分泌量が落ちたり、基礎代謝も落ちたりしてカロリーを消費しにくくなるのが、加齢。自然の摂理なのです。だから、薬で無理やり若い体に矯正するよりも、このようなお茶で、血糖値の上がりにくい体を作るほうがいいですね」といわれ、納得しました。

関連ページ

  1. 血糖値 が一気に 改善 おかげで好物の天ぷらも食べられる
  2. ヘモグロビン A1C 9.7 が半年で 5.9 まで下がった
  3. 糖尿病不良患者でも合併症を回避できている
  4. 糖尿病の合併症で 目の症状 も危なかったけれど回避できた
  5. 血糖降下剤、生活習慣の改善でも下がらなかった 血糖値 や ヘモグロビンA1C が 八酵麗茶 で下がった
  6. 高カロリーの給食と遅い夕食が原因で血糖値が上昇したが治った
  7. ヘモグロビン A1C 血糖値 を下げ血管を大掃除し、糖尿病を改善する