「八酵麗茶」のおかげで血糖値が一気に改善 おかげで好物の天ぷらも食べられる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

あれもダメ!これもダメ!でストレスマックス

病院で糖が少し出ていると注意されながらも、宴会では徹底的に酒を飲んで、甘いものもちょこちょこつまむ毎日また、仕事は学校の教師でしたから、お昼どきはいつも生徒と同じ給食をしっかり食べていました。

育ち盛りの子供たちのメニューですから私が食べるには少々食べ過ぎになってしまうのは言うまでもありません。

そのため、とうとう50歳を過ぎたころに、「立派な糖尿病です」と宣告されたんです。定年退職後には血糖値は300mg/dlにはね上がって、食事療法をもっと真剣にするようにと厳命されました。

しかし、あれもダメ、これもダメの食生活が続くのはたまらないものです。いっそのこと、死んだ方がましじゃないか。そう思い悩んでいたときに、妻が新聞で読んだテンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を取り寄せてくれました。

ヘモグロビンA1Cも安定

以降は3度の食事の後に、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」をゴクゴクと飲み干す毎日。そのかいあって、血糖値はぐんぐん下がって120mg/dl前後になったのです。

ここでつい安心して、私はテンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を中断してしまいました。すると、5年後に血糖値が350mg/dlに再上昇して、これはいかんと大反省。あらためてテンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を飲み始めて、1年ほどで血糖値は良好な範囲に落ち着きました。

現在の血糖値は、天ぶらをバクついたり、おやつで好物のあんこのお菓子を食べた後は160mg/dlくらいになります。それでも、翌朝には80~90mg/dlにしっかりと下がってくれます。

テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」が、血糖値の上昇をてきめんに抑えている!とわかる瞬間で、食事療法にありがちなせつなさを感じることは全然ありません。ヘモグロビンA1Cは高くなっても6.1で、通常は5.3~5.4といったところ。医師も笑顔でOKサインを出してくれています。

糖尿病の薬も飲んでいませんから、食事を楽しみながらも検査値が常に良好なのは、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」のおかげとしかいえません。

読書が趣味であるだけに、糖尿病の合併症が目にきたら怖いなと思っていますが、うれしいことに視界は常にスッキリ晴れやか。

歴史小説、最新の芥川賞作品、国際政治の解説本などを快調に読破しています。糖尿病特有のだるさもなく、一時間のウォーキングをテクテクとこなす毎日。冬になれば、雪かきで2時間もスコップを振るうほど、体力は充実しています。

テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」は二度とおろそかにせず、我が家から切らさないようにする。これはいうなれば、私にとってのノルマ茶だと肝に銘じて、生涯愛飲してまいります。

テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」はこちら。