シジミ 肝機能強化のみそ汁はお酒好きには必須

真弁鰓目の二枚貝。淡水のシジミは最高級品とされ、旬は4~5月。河川の上流や湖沼に棲むマシジミは「寒シジミ」と呼ばれ旬は冬。海水の混じる所に棲むヤマトシジミの旬は土用の頃。

ただし、寒シジミが一番おいしいという人が多いようです。「土用シジミは腹薬」「シジミの味噌汁は肝臓によい」「シジミは黄痘に効く」の根拠として、

  1. タウリン
  2. メチオニン
  3. コハク酸
  4. ビタミンB12
  5. 肝機能を強化し黄痘を改善するオクタデセン酸が多く含まれる

が肝機能を強化するなどがあります。

味噌汁によく合うのは、味噌に含まれる種々のアミノ酸と一緒になると、さらに理想的なアミノ酸構成になり、また、味噌の消化酵素がシジミの消化を助けるためです。シジミには、カルシウム、鉄、ビタミンB2、B12など日本人に不足がちな栄養素が多く含まれています。シジミの味噌汁が「産後の乳の出をよくする」というのも、うなずけます。

リアルメイトのしじみエキスW(ダブル)のオルニチンはこちら。