しじみ 肝機能強化のみそ汁はお酒好きには必須

しじみ は縄文時代から食べられていたとされ、同心円状に成長し、殻に輪状の筋が刻まれる様子が縮んで見えることから 「 しじみ 」 と名付けられたと言われています。
269169_s.jpg
真弁鰓目の二枚貝。淡水の しじみ は最高級品とされ、旬は 4 ~ 5 月。河川の上流や湖沼に棲むマシジミは「寒シジミ」と呼ばれ旬は冬。海水の混じる所に棲む やまとしじみ の旬は土用の頃。

ただし、寒しじみ が一番おいしいという人が多いようです。

  • 土用しじみは腹薬
  • しじみ の味噌汁は肝臓によい
  • しじみ は黄痘に効く

の根拠として、

  1. タウリン
  2. メチオニン
  3. コハク酸
  4. ビタミンB12
  5. 肝機能を強化し黄痘を改善するオクタデセン酸が多く含まれる

が肝機能を強化するなどがあります。

土用しじみは腹薬"といわれ、胃腸を整え、夏バテ防止に役立つといわれています。しじみは 昔から肝臓が悪くなったらしじみのみそ汁を飲むとよいと言われてきました。
しじみ にはタウリンというアミノ酸の一種が含まれており、肝細胞の膜を丈夫にする働きがあります。 また、血液中の中性脂肪を減らす働きもあるので、脂肪肝の予防や改善にも有効です。

味噌汁によく合うのは、味噌に含まれる種々のアミノ酸と一緒になると、さらに理想的なアミノ酸構成になり、また、味噌の消化酵素がシジミの消化を助けるためです。

しじみ には、

  • カルシウム
  • ビタミンB2
  • ビタミンB12

など日本人に不足がちな栄養素が多く含まれています。しじみ の味噌汁が「産後の乳の出をよくする」というのも、うなずけます。

リアルメイト しじみエキス W ( ダブル ) オルニチン はこちら。