アロエベラを1時間ほどはちみつに漬けて顔や肌に直接塗るとツルツルになる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

年齢とともに肌や体力の老化が心配に

朝起きぬけに、はちみつ入りのアロエ・ジュースを1杯飲む。そしてミルクティーを2杯飲んで出勤。会社から帰ってビールを飲んでから、寝る前にアロエベラのはちみつ漬けを手や顔に塗ってマッサージする。これが私の日課です。

ちょっと見ると、すごく健康に気をつかっているようですが、こうした習慣ができたのはほんの1年半くらい前からのこと。それまでは自分の健康はおろか肌の手入れにもまったく気をつかわないズボラ人間だったんです。 結婚前は、肌が弱く市販の化粧品は全然使えませんでした。

当時、洗顔はベビー石けんを使い、お化粧は乳液のかわりにオロナインを、おしろいのかわりにべビーバウダーをつけるような感じでした。 出産してから体質が変わったらしく、肌はかなり丈夫になったのですが、それがいけなかったのかもしれません。家事や育児に追われて、逆に肌の手入れをおろそかにしてしまったんですね。

結婚、出産、子育てをひととおり終えて40代後半を迎えてみると、急に肌の衰えが気になりだしました。肌だけではありません。肩こりがひどくなったり、風邪をひきやすくなったり、体の衰えを感じるようになってきました。 このままだと確実に老化が早くやってくると思った私は、そのころからさまざまな健康法に興味を持ちました。

アロエをはちみつ漬けにして肌をマッサージ

そんななかで、1年ほど前からアロエを始めました。アロエ・ジュースは朝の日課に、アロエベラの皮をとった状態になっているゲル(ゼリー部分)は自分ではちみつに清け、夜のマッサージ用に。 アロエ・ジュースははちみつの入ったものを飲んでいますが、その効果は十分に実感しています。

まず、体が丈夫になってきたこと。 それまでは月に1度は風邪で寝込んでいたのですが、ここ1年というもの、いたって健康。風邪をひきかけてのどがおかしいな、と思ったときには、はちみつ入りのアロエベラ・ジュースを飲むんです。

飲み方にちょっとしたコツがあって、のどのところで一瞬止めてからゆっくりと飲み込む。これを何度か繰り返すと、軽いのどの痛みは消消えてしまいます。 一方、アロエベラのゲルははちみつに1時間ほど漬けておくだけで、はちみつの成分がアロエに浸透してきます。このアロエベラを顔や肌に直接こすりつけるようにして、マッサージをするんです。

はちみつでかなりべ夕つくので、そのあと水で洗い流しますが、そのあとの肌はしっとりして、とてもいい感じです。 ストレートのアロエベラのジュースは化粧水として活用もしていますが、肌も、自分でも驚くほどツルツルになりました。シワやくすみもとれて、張りも出てきたように思います。いまのところは手と顔にしかアロエを塗っていませんが、これから夏に向けて、お風呂場で全身をマッサージしてみようかなと思っています。

アロエが手に入らない人は、無添加のアロエを原液を使えば同じ効果です。