ラフマ葉エキス 「 セ・シ・ボン 」 効果 同僚の左遷がきっかけでうつになってしまったが4日目で眠れるようになった

  • 投稿日:
  • by

ラフマ葉エキス 「 セ・シ・ボン 」 効果 同僚の左遷がきっかけでうつになってしまったが4日目で眠れるようになった私の体験を紹介します。うつ病というのは誰でもなる可能性があるといいますが、私がまさかうつ病にかかるなんて思いもしませんでした。

同僚の左遷がきっかけで布団に入ると焦燥感で眠れずに仕事も集中できなくなった

man-gcf4f5a277_640.jpg

「ラフマ葉エキスを飲んだら不眠が解消し、その後、うつも再発していません。ほんとうに助かっています。 駅近くにある機械関連会社で働く普通のサラリーマンです。

数年前から残業がなくなり、定時に帰宅できて休日出勤もなくなってしまいました。ところが、翌年ごろから急に夜の寝つきが悪くなったのです。布団に入って目をつぶっても、なかなか眠くなりません 。

逆に、わけのわからない焦燥感のようなものがわき上がり、ひどい寝汗をかくこともありました。電気を消した真っ暗な部屋で、上半身を起こして頭を抱えている私の姿を見て、隣に寝ていた妻は驚いたようです。

そこで、会社の医務室で産業医の診察を受けました。しかし、血圧測定でも触診でも異常は見られず、医師から「心配ならば大きい病院で検査したらどうか」といわれたのです。 体に異常がないことがわかって一時はホッとしましたが、その後も寝つけない日が1ヶ月ほど続きました。寝不足のせいか会社に行っても仕事に身が入らず、書類作成などのミスが重なって落ち込む毎日。 休日も何となくイライラして、子供と遊んだりテレビを見たりしても以前のように楽しいと思えなかったのです。

その後、精神科に行くように言われ、睡眠薬をもらうように勧められました。ところがもともと薬嫌いもあってか精神科を受診するのも抵抗がありました。

そこで評判のいいクリニックを受診することにしました。医師の問診を受けると初期のうつだと診断されました。同期の退職や左遷が大きなきっかけになっていることが大きなショックになってそれが尾をひいているようでした。 自分も会社に見捨てられるのではないかと、不安を抱えていたようです。そのため、会社でも家でも心が落ち着かなかったようです。

ラフマ葉エキス 「 セ・シ・ボン 」 効果 でてうつ症状が改善

医師と相談して薬を使う前に ラフマ葉エキス「セ・シ・ボン」」 を試すことにしました。医師のアドバイスに従って、1日あたり 4 粒のラフマ葉エキス「セ・シ・ボン」」を2回に分け、夕食後と床に就く30分~1時間前に2粒ずつ、1日計4粒を飲むようにしたのです。

最初はほとんど変化が感じられませんでしたが、ラフマ葉エキス「セ・シ・ボン 」を飲みはじめ4~5日後、床に就いて間もなく眠りに落ちました。翌日は焦燥感や不安感が消え、集中力が復活。仕事に身が入るようになったのです。

ラフマ葉エキスを2週間ほど飲みつづけたら毎晩快眠できるようになりました。 その後、診断時にうつは解消されたと言われました。現在も再発はしていません。

、ラフマ葉エキス「セ・シ・ボン」」 というのはあまりなじみのない言葉ですが、セロトニンサプリです。

セロトニンとは?

脳内には、さまざまな神経伝達物質とよばれる情報の橋渡しをする物質があります。セロトニンもそのうちのひとつで、他にはドパミンやノルアドレナリンなどが挙げられます。

脳内には150億以上の神経細胞があり、その神経の先からセロトニンなどの化学物質が放出され、別の神経細胞がそれを受けることにより情報が伝達されます。これを繰り返しているわけです。

セロトニンは数万程度の脳全体で見たらとても少ない神経細胞ですが、その役割は非常に大きく、脳の神経細胞のバランスをとるために非常に重要な働きをしています。セロトニンは覚醒状態にとても大切で、ノルアドレナリンやドパミンの働きを適切にコントロールすることで情緒が安定すると考えられています。

そのセロトニンを作り出す神経細胞は脳のどこにあるのかというと、脳の中心である脳幹のさらに中央部分の縫線核というところにあります。

縫線核は、交感神経や副交感神経といった自律神経のバランスを司る視床下部に働きかけています。ですからセロトニンの適切な分泌が、精神の安定や睡眠や覚醒のリズムに重要な働きがあると考えられています。セロトニン神経は朝起きると活性化して、夕方になるにつれて活動が落ちていきます。

セロトニンは、セロトニン受容体にくっつくことで作用します。そして受け皿であるセロトニン受容体は、受け取る場所によってタイプの分布が異なっており、作用も異なります。

セロトニンは、およそ90%が腸に分布しています。血液中では血小板に大部分がくっついていて、中枢神経に作用するセロトニンは2%ほどともいわれています。セロトニンが作用すると腸の動きが強まり、血管は拡張します。脳を覚醒させて、精神の安定に働きます。

セロトニンを増やすことでうつ病が予防できるのか?

セロトニンは、うつ病に関係がある物質として世間では知られています。インターネットの情報をみていると、

「セロトニンが不足するとうつ病になる」
「セロトニンを増やせばうつ病予防になる」

というのをよく目にします。うつ病の治療薬である抗うつ剤がセロトニンを増加させる作用があるから、このようにいわれているのでしょう。確かに抗うつ剤は、効果があります。しかしながら薬をつかった直後によくなるわけではなく、時間をかけて少しずつよくなっていきます。

このことから、セロトニンが増加したことよりも、セロトニン受容体の変化や神経再生(BDNF増加)による影響が大きいのではと考えられています。

ですからうつ病は、セロトニンが増えたらよくなるという単純明快なものではありません。そうはいってもセロトニンは自律神経の調整に大きく関係していると考えられているので、適切なセロトニンが分泌されることは重要です。

セロトニンは脳の神経伝達物質の一つで、覚醒の維持、自律神経の調節に大きな働きがあります。精神状態の安定に重要な物質であると考えられています。

セロトニンを増やすことでうつ病を予防できるかというと、難しいと言わざるを得ません。セロトニンの適切な機能は重要だけど、ただ量を増やせばいいというわけではありません。

セロトニン神経を活性化すると考えられているのは、以下の4つの方法があります。

  • 日光
  • 運動
  • よく噛むこと
  • 呼吸法

セロトニンを食べ物やサプリメントで補充しても、脳内には届きません。セロトニンの材料のトリプトファンを補充しても、うつ病にはあまり効果が期待できません。

ラフマ葉エキス「セ・シ・ボン 」 で体調が戻ったのはとても良かったですし、私はセロトニンサプリの効果は期待できるように思います。

健康ラボ株式会社のラフマ葉エキス「セ・シ・ボン」は副作用の心配がなく妊婦、更年期女性、子供、高齢者に使えるので安心です。

ラフマ葉エキスを夕食後と就寝前に飲めばうつをもたらす脳の機能を修復

実際に、ラフマ葉エキスを西洋薬と併用または単独で使用し、うつ症状が改善した方たちは、「副作用がないので助かった」「不安感が解消して、よく眠れるようになった」という感想を述べています。

震災後に起こった不安感もラフマ葉エキスで治まった人がいます。 うつの症状に悩んでいるという人は、ぜひ、ラフマ葉エキス「セ・シ・ボン」」 をおすすめします。

うつをもたらす脳の機能の異常は、心身が緊張している昼間よりも、夜の就寝中のほうがより修復されます。そこで、ラフマ葉エキスは夕食後に2粒、床に入る30分~1時間前に2粒を飲むようにするといいでしょう。