玉ねぎの皮茶 効能 ケルセチンは玉ねぎの皮に多く含まれる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

玉ねぎの皮茶 効能  を紹介します。たまねぎ の皮を使ったお茶 国産 さらさら たまねぎ皮茶 についてです。

玉ねぎの皮茶 効能

onions-g919cd0858_640.jpg

糖尿病や高血圧を薬を使わずに改善するために、飛び抜けた効能ありと話題の健康食材が普段は、捨てている た 玉ネギの皮 にあったと言われたら驚きますね。

玉ネギ の健康効果は周知のとおりです。玉ネギ に含まれるアリシンには強い抗菌作用があり、免疫力アップにも役立つと言われています。 血液をさらさらにする作用についても効果大です。

玉ねぎに含まれている硫化アリルは動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進し、血栓が出来にくくなる作用があります。

血液をさらさらにする 効能 硫化アリルの効果があるからです。

また、玉ネギ に期待される体温を高める作用も、免疫力の向上につながると言えるでしょう。 疲労回復効果と免疫力アップ効果が期待されるタマネギは、健康的な生活に大きく役立つ野菜と言えますね。

そして玉ネギにはポリフェノール・ケルセチンがたくさん含まれます。ケルセチンは、玉ネギ やブロッコリーなど、身近な野菜に豊富に含まれているポリフェノールの一種です。

ケルセチンには、抗酸化作用、抗炎症作用、降圧作用など、さまざまな生理作用があることが報告されていました。

しかもこのケルセチンは玉ネギよりも 玉ネギの皮に 多く含まれることがわかってきました。

皮に豊富な ケルセチン 摂取にはお茶がベスト

高血糖や高血圧を返上するうえで、貴重な効能を持つ ケルセチン ですが、難点がないわけではありません。黄色い色素である ケルセチン は、 たまねぎ の実よりも、表面をおおう薄茶色の皮に多く含まれています。

そのため、ケルセチン を効率よく摂るには、 玉ねぎ の皮を煮て、その汁を飲む方法が一番適しているのですが、やはり手間がかかるもの。実際のところ大変でしょう。そこでぜひ飲用をおすすめしたい健康茶が、その名もズバリ、 たまねぎ の皮を使ったお茶 国産 さらさら たまねぎ皮茶 です。

たまねぎ の 皮 を主成分としているこのお茶は、 300~500ml 飲むことで、 玉ねぎ 1 個分の ケルセチン を補給することができます。

1日に飲む量はこれで十分ですが、体内に吸収された ケルセチン は 9 時間以内にその量が半減するといわれます。

そのため、 国産 さらさら たまねぎ皮茶 は 1 日に 2 ~ 3 回に分けて飲むことで、血糖値や血圧改善の効能が持続するでしょう。

参考までに たまねぎ のケルセチンはお湯の熱では壊れません。お茶の味そのものもまろやかで、緑茶や紅茶がわりに愛飲しやすいのです。

 さらさら たまねぎ皮茶 使用感 ( 血糖値 ヘモグロビンA1C 高血圧 )