ヘモグロビンA1C 玉ねぎ で下げたいなら 酢玉ねぎ がおすすめ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ヘモグロビンA1C 玉ねぎ で下げたいなら 酢玉ねぎ がおすすめです。玉ねぎの糖尿病 (血糖値 / ヘモグロビンA1C などの数値 )に対する効果は非常に絶大で糖尿病で数値が高い人は常食してほしい食材です。

ヘモグロビンA1C 玉ねぎ で下げるなら 酢玉ねぎ

vinegaronion.1jpg.jpg

ヘモグロビンA1Cは、血液中のグルコース(血糖)の平均値を示す指標であり、通常、糖尿病の診断や管理に利用されます。

一方、玉ねぎは食品として広く知られており、料理に使われることが多い食材です。糖尿病の管理においては食事も重要な要素の一つです。玉ねぎは、食事のバリエーションや栄養素を豊富に摂取するのに役立つことがあります。

玉ねぎ と 酢 を合わせて 酢玉ねぎ が糖尿病に非常に良い効果をもたらすことがわかってきました。

酢玉ねぎ というのは、酢に玉ねぎを漬けたものです。酢にも玉ねぎにも血圧や血糖値を下げる効果があり、両方の相乗効果でさらに数値を下げる効果がアップするというものです。 酢玉ねぎは、当然手作りもできます。作り方は、とても簡単で誰でも作ることができます。ざっくり言うとスライスした玉ねぎと酢をまぜるだけです。酢玉ねぎの作り方は以下に紹介します。

酢玉ねぎ 作り方

酢玉ねぎが大ブームです。身近な材料ですぐ作れ、手軽に食べられることや、効果を実感しやすいことから、改めてそのよさが見直されているのでしょう。

そこで、降圧剤を使っても下がらなかった血圧が下がったり、血糖値が下がり、インスリンが不要になる、ダイエット効果などさまざまな効果が報告されています。女性は、たまねぎに高いデトックス効果が期待できるので、肌もつやつやになります。

酢玉ねぎ は、高血圧以外にも中性脂肪やコレステロールなどの値も改善されています。

材料

  • 玉ねぎ (1個)
  • 塩 (少々)
  • 酢 (適量)玉ねぎが浸るくらいの量
  • はちみつ(適量)好みで増減可能

500 ml の瓶で作った場合の目安。

作り方

酢は、リンゴ酢、米酢、黒酢など醸造酢であればどれでもOK。

  1. 玉ねぎ皮をむいて半分に切り、薄切りにする
  2. スライスした1の玉ねぎをさっと1~2分程度水にさらす
  3. 2の水気をきって塩を振りかけよう混ぜる
  4. 3を密閉できる容器に入れ、玉ねぎが浸るくらいまで酢を入れる
  5. はちみつを少量のお湯でとかし4に加えて混ぜる
  6. 5を密閉し冷蔵庫で保存。1週間~10日は日持ちする

食べ頃

漬けてから2時間ほどで食べられのですが、数日つけ込んだ方が味がマイルドになります。

食べる量の目安

1日のうちに朝と晩の2回、食事時に50 ~ 60 gを食べるのがおすすめ。
漬け酢も一緒に飲むといいでしょう。1回目の目安は、さかずき1 杯 ( 10 ~ 20ml 程度)

酢の量を減らしたい

酢の量を減らしても酢玉ねぎを作ることができます。この場合、通常の作り方と比べて酢の量が減るので、酢の効果は多少減ります。酢の量を減らす場合には、1 日に 1 ~ 2 回びんをよく振ります。玉ねぎと酢がよく混ざるようにするためです。酸味が苦手で酢を減らして作る場合は、少し酢にこだわっていいものを購入するのがおすすめです。

食酢のランキングはこちら

質のいい酢を使うことで栄養を減らさずに作る効果があります。

酢玉ねぎ 食べるタイミングを工夫するとより効果です。

酢玉ねぎ

糖尿病

関連記事