アルコール依存症候群 の 断酒 を支援する 抗酒薬

  • 投稿日:
  • by

アルコール依存症候群(アルコール依存症)は、精神作用物質に対する依存症候群の一つです。脳は快感を好み、一度学習した快楽とそれを得るための方法を忘れません。飲酒によって心地よい酩酊状態になることを繰り返していると、再び飲酒して快感を得たいという欲求が生じ、これが常習的飲酒につながります。

飲酒が常習化すると、脳はアルコールの作用に慣れ、それまでの量では満足できなくなる(アルコールへの耐性の形成)。こうして快感を得るために必要な飲酒量が増え、多量の飲酒が日常化します。

 多量の飲酒を繰り返すと、脳がアルコールに順応してアルコールが作用している方が調子が良くなります。そして脳にアルコールが作用しない状態になると、いらいら感、不安、抑うつなどの不快感情や心悸亢進、発汗、体温変化などの自律神経症状、手指、眼瞼などの振戦、一過性の幻覚や幻聴などの離脱症状が出現するようになります。

 アルコール依存 が形成されると、飲酒したいという、非常に強く、抵抗できない欲望が生じ、飲酒をコントロールできなくなります。また、多量の飲酒を続けると、肝臓、膵臓、脳をはじめ様々な臓器に影響が出てきます。さらに、飲酒運転による交通事故、自殺、うつ病、家庭内暴力、虐待、犯罪といった社会問題を引き起こすこともあります。

 身体症状が出たり、社会的な影響を及ぼすようになっても、本人はアルコールを飲めば気持ちが落ち着くため、アルコールを問題にすることに抵抗を示したり、自分はいつでも飲酒をやめられるので病気ではないと考えたりして、アルコール依存症であることを認めない傾向が強いのです

アルコール依存症の治療の根幹は断酒である。断酒目的の治療薬として、日本では ジスルフィラム ( 商品名ノックビン ) 、シアナミド(シアナマイド)、 アカンプロサートカルシウム ( レグテクト ) が承認されています。

 ジスルフィラムは、肝臓中のアルデヒド脱水素酵素を阻害することにより、飲酒時の血中アセトアルデヒド濃度を上昇させて顔面潮紅、熱感、頭痛、悪心・嘔吐などの不快な急性症状を発現させて酒量を抑制する。服用後数時間から半日で効果が発現する。十分な効果を得るには1週間を要し、その後効果は1週間持続します。

 シアナミドも、肝臓中のアルデヒド脱水素酵素を阻害し、少量の飲酒でも直後に顔面紅潮、血圧低下、心悸亢進、呼吸困難、頭痛、悪心・嘔吐、めまいなどを起こす酒量抑制薬で、節酒療法および断酒療法に用いられる。同薬はジスルフィラムより即効性で効果の持続期間は1日です。

 アカンプロサートの作用機序は明確にされていないが、脳内のグルタミン酸作動性神経の活動を抑制することで、脳内神経のバランスを保ち、病的な飲酒欲求である渇望を抑えることにより、断酒維持の効果が得られると考えられている。

 一方、海外では、アルコール依存症における飲酒の渇望を抑える治療薬として、トピラマート(トピナ)の有効性が多く報告されています。