アルコール依存症 断酒薬 断酒を支援する 抗酒薬

  • 投稿日:
  • by

アルコール依存症  断酒薬 断酒を支援する 抗酒薬です。アルコール依存症候群(アルコール依存症)は、精神作用物質に対する依存症候群の1つです。脳は快感を好み、一度学習した快楽とそれを得るための方法を忘れません。飲酒によって心地よい酩酊状態になることを繰り返していると、再び飲酒して快感を得たいという欲求が生じ、これが常習的飲酒につながります。

アルコール依存症 断酒薬

抗酒薬は、アルコール依存症の治療に使用される薬です。抗酒薬には、アルコールを飲むと吐き気や頭痛などの症状を引き起こすものや、アルコールを飲む欲求を抑制するものがあります。抗酒薬は、アルコール依存症の治療に効果的ですが、副作用が出ることもあります。そのため、抗酒薬を使用する場合は、医師に相談して、リスクとメリットをよく理解しておくことが大切です。

poison-g85abe193d_640.jpg

飲酒が常習化すると、脳はアルコールの作用に慣れ、それまでの量では満足できなくなる(アルコールへの耐性の形成)。こうして快感を得るために必要な飲酒量が増え、多量の飲酒が日常化します。

 多量の飲酒を繰り返すと、脳がアルコールに順応してアルコールが作用している方が調子が良くなります。そして脳にアルコールが作用しない状態になると、いらいら感、不安、抑うつなどの不快感情や心悸亢進、発汗、体温変化などの自律神経症状、手指、眼瞼などの振戦、一過性の幻覚や幻聴などの離脱症状が出現するようになります。

 アルコール依存 が形成されると、飲酒したいという、非常に強く、抵抗できない欲望が生じ、飲酒をコントロールできなくなります。また、多量の飲酒を続けると、肝臓、膵臓、脳をはじめ様々な臓器に影響が出てきます。さらに、飲酒運転による交通事故、自殺、うつ病、家庭内暴力、虐待、犯罪といった社会問題を引き起こすこともあります。

 身体症状が出たり、社会的な影響を及ぼすようになっても、本人はアルコールを飲めば気持ちが落ち着くため、アルコールを問題にすることに抵抗を示したり、自分はいつでも飲酒をやめられるので病気ではないと考えたりして、アルコール依存症であることを認めない傾向が強いのです

アルコール依存症の治療の根幹は断酒である。断酒目的の治療薬として、日本では ジスルフィラム ( 商品名ノックビン ) 、シアナミド(シアナマイド)、 アカンプロサートカルシウム ( レグテクト ) が承認されています。

 ジスルフィラムは、肝臓中のアルデヒド脱水素酵素を阻害することにより、飲酒時の血中アセトアルデヒド濃度を上昇させて顔面潮紅、熱感、頭痛、悪心・嘔吐などの不快な急性症状を発現させて酒量を抑制する。服用後数時間から半日で効果が発現します。

十分な効果を得るには1週間を要し、その後効果は1週間持続します。

 シアナミドも、肝臓中のアルデヒド脱水素酵素を阻害し、少量の飲酒でも直後に顔面紅潮、血圧低下、心悸亢進、呼吸困難、頭痛、悪心・嘔吐、めまいなどを起こす酒量抑制薬で、節酒療法および断酒療法に用いられる。同薬はジスルフィラムより即効性で効果の持続期間は1日です。

 アカンプロサートの作用機序は明確にされていないが、脳内のグルタミン酸作動性神経の活動を抑制することで、脳内神経のバランスを保ち、病的な飲酒欲求である渇望を抑えることにより、断酒維持の効果が得られると考えられている。

 一方、海外では、アルコール依存症における飲酒の渇望を抑える治療薬として、トピラマート(トピナ)の有効性が多く報告されています。

トピラマートは、抗てんかん薬です。脳の神経細胞の興奮を抑制し、てんかん発作を予防します。また、片頭痛の予防薬としても使用されています。そして、アルコール依存症にも処方される薬です。

トピラマートの主な副作用は、めまい、吐き気、食欲不振、脱水症状、体重減少、手の震え、視力障害、倦怠感などです。これらの副作用は、ほとんどの場合、軽度で、時間の経過とともに改善しますが、重い副作用が現れることもあります。

アルコール依存症は、深刻な健康問題です。アルコール依存症の治療には、薬物療法が有効な場合もあります。ただし、薬物療法には副作用が出ることもあります。そのため、アルコール依存症の治療薬を使用する場合は、医師に相談して、リスクとメリットをよく理解しておくことが大切です。

アルコール依存症は、深刻な健康問題です。アルコール依存症になると、飲酒をコントロールできなくなり、仕事や家庭生活に支障をきたすようになります。また、アルコール依存症は、肝臓病、糖尿病、心臓病、脳卒中などの病気を引き起こすリスクが高くなります。

アルコール依存症 症状

  • 飲酒量が増える
  • 飲酒を止めるとイライラする
  • 飲酒を減らすと禁断症状が出る
  • 飲酒を優先する
  • 飲酒のために嘘をつく
  • 飲酒のために借金をする
  • 飲酒のために仕事や家庭生活を放棄する

アルコール依存症の症状が一つでも当てはまる場合は、アルコール依存症かもしれないので、医師に相談してください。

関連ページ

  1. アルコール依存症 断酒薬 断酒を支援する 抗酒薬
  2. 葛藤 減らす 方法 は受け止め方を変える
  3. アルコールで現実逃避をしているタイプの充足法を知る
  4. アルコール 肝臓負担 は 睡眠薬 の2000倍もある
  5. アルコールは悪質な睡眠薬 どうしても眠れないのなら「セロトアルファ」などを使うことも考慮しよう
  6. 仕事以外でニッチな代替テーマが必要
  7. ストレスから解放される行動 皿洗い が効果的
  8. あなたは酔っぱらって、なにが欲しいのですか?
  9. 飲む、飲まないの二択は時代遅れになった
  10. 薬 トピラマート を飲んで飲酒量を半量に減らす
  11. 欲望が見つかるまでは薬物治療を併用 飲酒欲求を抑える 断酒 / 節酒薬 「 アカンプロサート 」
  12. 飲酒の代わりに論文執筆に情熱を燃やす
  13. 私は世界レベルの医師だ
  14. 欲望が複数重なり合うことが依存症への道
  15. 医師には自閉型が多い
  16. アルコール依存症 ドロップアウト を防ぐ
  17. 共感するタイプとそうでないタイプ
  18. 医師の助言はさほど効力を持たない
  19. 酒をやめる決断は不要
  20. 自助グループ 自分を捨てる こと
  21. 自助グループ 活動 効果 アルコールの欲求は減少するがやっぱり
  22. 「飲んではいけない!」と自分を縛りつけない
  23. ミーティングで聴いてもらっているシーンを思い出す
  24. 記憶の奥のエピソードを話すほど癒される
  25. 堰を切ったようにこれまでの体験を語り出す
  26. モの日のうちに自助グループのミーティングに参加
  27. アルコール依存症 危険性 誓いを立てて頑張ってもどうにもならない
  28. アルコール依存症者 の 自助グループ 「 AA 」 と 「 断酒会 」
  29. ようやく腹をくくる
  30. 私の職場 (病院 ) に妻から電話がかかってくる
  31. 妻に引きずられて帰る
  32. アルコール依存症の診断基準
  33. 不気味な飲酒方法
  34. アルコールが最高のご褒美 身体依存 精神依存 アルコールによる認知症リスク
  35. お酒を飲む理由 屈理屈を並べて自己正当化
  36. 深いブラックアウト
  37. 同僚医師の前でズボンが小便でびしょ濡れ
  38. 依存症専門医の私が自らの依存症をカミングアウト