緑内障の進行が止まりドライアイも軽快

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

大学病院で緑内障と指摘され右目の視野が欠けているとわかった

私は、20年前に緑内障と診断されました。「当時は東京に住んでいました。私は昔から胃痛に悩まされたり、ときどき膀胱炎にかかったりするので、近所の大学病院のお世話になっていました。

診察のついでに眼科で検査を受けたとき、緑内障と診断されました。63歳のときだったと思います。緑内障の検査はいろいろな機器を使うので、時間がかかったのをよく覚えています。 検査で、右目の上のほうの視野が欠けていることがわかりました。検査結果を聞いて、驚きました。

ふだんの生活において、視野が欠けていることにはまったく気づかなかったからです。 緑内障と診断されてから、処方された3種類の目薬を使いつづけています。1日に何回か目薬をさすほか、できるだけ目を疲れさせないように気をつけながら過ごし、栄養バランスのよい食事を心がけてきました。

私は9年前に、娘が結婚するのを機に埼玉県へ移住。すると、困った問題が出てきました。「かかりつけの眼科を探さなければならなくなりました。 緑内障を正しく診断できる病院があまりないからです。

大きな病院の眼科には、緑内障を調べる機器がありますが、小さなクリニックにはないことが多いんです。 最初は引っ越し先から近い総合病院に行きましたが、あまりに受診者が多く、数時間も待つ間に居眠りしてしまいます。これではとても通いつづけることができないと思い、緑内障のくわしい検査ができるクリニックを紹介してもらいました。

総合病院で紹介してもらったクリニックは、自宅から近くて助かりました。4週に1度、通院するようにりました。

私がリフレのブルーベリー&ルティンを飲みはじめたのは新聞に大きな広告を見つけてからです。 その数年前から、緑内障に加えて両目が初期の白内障とドライアイの症状があると指摘されていたため、進行を抑えるのに役立つ健康食品を探していました。

リフレのブルーベリー&ルティンで不安感が解消され目の調子は好調

ブルーベリー&ルティンは朝・昼・晩の食後に1粒ずつ、1日に合わせて3粒を飲みはじめました。3種類の目薬をずっと使いつづけてきましたから、さらに、目にいいことをしているという安心感が欲しかったんです。

ブルーベリー&ルティンを飲んでいると、緑内障に対する不安感がなくなります。緑内障をはじめ、白内障やドライアイの症状はまったく進行していません。眼科に行って検査を受けたり、自分自身で視界を調べたりすることでわかります。

普通に生活していると、自分の右目が緑内障を患っているとは思えません。正常な左目で視界を補ってしまうからです。これが緑内障の怖いところでしょう。 でも、おかげさまで目の調子はすこぶるよく、テレビを見ることが大好きなので、ほんとうによかったです。目がゴロゴロするドライアイの症状も、一時的に出ていただけで治まっています。いまのところ、白内障の薬は処方されていません。これからも失明の不安を取り除くため、ブルーベリー&ルティンを飲みつづけていきます。